最低返済可能額はもったいない!

ローンと印字された通帳カードローンで2社合計120万円を借りました。
きっかけはバイナリーオプションの口座開設でした。
その時に紹介された人に「とりあえずお金ないならカードローンしちゃいなよ」と言われたので勢いに任せてやりました。
審査が面倒くさいけど、非正規社員やフリーターでも勤続年数や収入で100万円は簡単に借りられることに驚きました。

そして、僅かな金額から返済が可能だということも意外でした。
例えばA社なら50万円借りたら1万円から返済が可能で、70万円借りたB社なら2万円から返済可能。
月3万円からならそこまで無理しなくて払えることにビックリしました。
それでも月の利息があるので3万円払ったといって残高からは3万円少なくなるということはなくて、実質減ったとしても2万円いくかいかないか程度。
最低返済可能額から支払ったら利息ばかり取られるということに気づいてたから返済額を上げました。

返済額を上げればそれだけ利息が減り支払える金額が多くなります。
それが例えば月1万円払ったとしても利息が2000円取られます。
さらに3000円足して利息分を消しつつ、さらに1000円を返済額に増やせば12ヶ月連続で同じことをすれば実質1ヶ月分返済を多くししていることなります。
その他はボーナス時や大きい収入があったときに躊躇わずに払えるといいです。
それも利息の高い所からがおすすめです。

主婦がカードローンを選ぶポイントを教えます

ほぼ空のがまぐちまず主婦がご主人に内緒で借りる場合は、自動契約機がある大手消費者金融やメガバンクがオススメです。
内緒で借りる場合は、ローンカードと契約書が自宅に届かないような契約方法で契約する必要があります。
それが自動契約機で契約する方法で、ローンカードと契約書をここで受け取る必要があり、近所に自動契約機があることが条件となります。

次に主婦と言っても、専業主婦とパートをされている主婦に分けられます。
総量規制のために主婦のタイプにより、利用できる金融機関が異なるのです。
パートをしている主婦は、自分で収入があるので基本的にどの金融機関でも利用できます。
ですから即日融資という融資スピードで選ぶなら大手消費者金融、低金利で選ぶなら銀行カードローンとなります。

一方専業主婦は、自分で収入がないので総量規制の対象となる消費者金融を利用できません。
ですから専業主婦は銀行カードローンしか利用できないのです。
しかし最近は銀行カードローンでも即日融資が受けられるところがあります。
例えば三井住友銀行カードローンや三菱東京UFJ銀行のバンクイックは年14%台の低金利ながら、土日祝日でも自動契約機を利用すれば即日融資が受けられるのです。
このように主婦と一口に言っても利用できる金融機関は異なります。
いずれにしても大手の消費者金融や銀行カードローンが利便性が高く、これらの中から選ぶのが得策です。

15万円でも侮ることなかれ!塵も積もれば山

数枚のお札ちょっとお金が必要になり、15万円を金融機関から借りるとします。
仕事もしているし、15万円位ならいつでも返せると侮ってはいけません。
15万円という少額借入でも、きちんと返済プランを持って借りなければならないのです。

最初に考えることは、どの金融機関を利用するかです。
次の給料日でまとめて一括返済ができるなら、大手の消費者金融がオススメ。
モビット以外なら、30日間の無利息サービスがあるからです。
つまり次の給料日で全額返済できれば、無利息で借りられることになります。
なお5万円までの借入なら新生銀行カードローンのレイクだと、最大180日間無利息で借りられるます。
次のボーナスで一括返済するか、1万円ずつの分割返済でも無利息で借りられます。

15万円を分割返済で借りるなら、少しでも金利が低い銀行カードローン。
消費者金融よりも3%ほど金利が低いので、ちょっとでも返済額が楽になります。
なおなるべく利息を支払わないようにするために、余裕のある月は約定返済日以外でも繰り上げ返済し、なるべく早く返済するのがポイントです。

このように15万円程度の借入なら、利息を支払わなくてもお金が借りられます。
従って借入する前に、きちんと返済プランを立ててから利用する金融機関を選びまょう。

大学生の分際でカードローン利用

利息0円に喜ぶ女性私は昨年のクリスマスに彼女とディズニーランドへ泊まりがけで行くことになり、どうしてもあと5万円足りませんでした。
彼女とは結婚を考えていますし、初のお泊りだったのでこのチャンスを逃すわけにはいかなかったのです。
まさか遊びに行くお金を親に出してもらうわけにはいかず、学生の分際でカードローンを利用することを決意しました。

最近はカードローンは学生でも利用できると知っていたので、当初は大手の消費者金融から借りようとしていました。
なぜなら大手消費者金融なら審査が甘いと言われており、私でも借りられると思ったからです。
しかし良く調べてみると、新生銀行のカードローン・レイクなら、180日間5万円の借入まで無利息で借りられると分かり、レイクを利用することに決めました。

近所のビルにレイクの店舗があったので、そこで申し込みました。担当者と対面することはなく、備付けの電話で話すだけなのでそれほど緊張はしませんでした。
私はアルバイトで月6万円ほど収入があり、全く初めての借入だったこともあり、無事に5万円借りられました。
なお返済は毎月約1万円を5回で返済しました。
5万円の借入だったので無利息でした。

学生の分際でカードローンを利用することは後ろめたさがありましたが、両親にばれることもなく借りられました。
それに彼女との交際も順調ですし、利用して良かったです。

気軽に借金をしたら自己破産してしまった。

破産する人借金を初めてしたのは主人が無職になった時でした。
二人目の子どもが生まれて上の子は幼稚園に行き、毎日の生活費が失業保険だけでは生活出来なくなったからです。
最初は今回だけだと思い家族に内緒でレイクで20万円借りました。
毎月5千円からの返済。
私もパートを初めて主人も転職して大分落ち着きましたので、順調に返済をしてましたので2年なんてあっという間だと思ってました。

しかし半年ほど返済していたら同居していた義母が病気で倒れてしまい、今まで以上に生活費がかかるようになってしまいました。
夫婦2人の収入では賄えなくなりそのためまた借りることを決めて50万円借りました。
返済は月々1万円。返済しては借りて、返済しては借りてと繰り替えてました。
そのうち返済しては借りてが追いつかなくなり、クレジットカードのリボ払いやキャッシング枠も使うようになり、1枚、2枚、3枚と限度額がいっぱいになってしまいました。
なんとか生活をしつつ最初にレイクから借りて3年目になりました。

どんどん借金は膨らんでしまい、きづいたら250万円にまでなってしまっていました。
支払いが出来なくなり、毎日の電話、毎月の郵便物に毎回家族に見つからないようにするのが大変でした。
テレビで借金だらけの生活の人の話をしていてこれは危ないと気づき、弁護士を調べて連絡をして相談をしました。
車の所有なし、家は賃貸など状況を説明すると、自己破産をすすめられました。
最近気軽に借金ができるのですごく多いらしく私もその一人に。
電話も手紙もなくなりホットしていますが、2度と借金はしないようにと決めて毎日過ごしています。

金利と借入期間をチェック !

数枚のカードまず、業者を選ぶポイントとしては銀行系、信販系、消費者金融系の内どの種類の会社に分類されるのかを確認することは大きなポイントです。
法律で規制されているとはいえ現在主流となっている残高スライドリボルビング方式は、特にカードローン商品では返済方式の数が多く複雑になっています。
そのためメリットがわかりにくくグレーゾーンすれすれの営業を行っている中小の街金も中には存在します。

個人的には特に初めてカードローンを利用されたい方は、銀行の資本が入っている銀行系消費者金融が安心・安全でおすすめできます。
ただ、ネット銀行系のカードローンは申込み方法がインターネットでしか受付しません。
仮審査から審査終了/契約手続きを進めていくプロセスの中で、ご自身で正確に契約内容を把握していないと誤認となりトラブルに発展しかねないので注意が必要です。
誤ってご自身の意思やご意向に沿わない契約を締結させられるリスクもあるという意味です。

また、会社によっては一般消費者に誤解を与えるような表示をしているサービスあるいはキャンペーンもあります。
必ず担当者(オペレーター)にメリット・デメリット・不明な点はしっかり確認してから契約交渉に臨むよう心がけて賢く利用すればお得になる場合も多々あり便利です。

絶対に延滞しないための4つのポイント

電卓や財布などお金を借りるケースになり、カードローン、キャッシング業者と契約。
返済が遅れたり、滞ってしまうケースはあるものです。
ここで、延滞、返済ができない事態にならないように知っておきたい事をまとめました。

① 借りる上限は年収の10%以下にする
法律上年収10%以上のカードローンは可能ですが、返済は2年~かかります。
思わぬ出費が重なることは多々あることです。
ご自身の年収10%以下を基準に、契約すると無理なく返済可能です。

② 契約前に実質金利がどのようになっているか調べる
カードローン、キャッシング業者からお金を借りた場合、かなりの金利がかかります。
業者毎で違いますので、充分に調べて他社と比較して金利の低い業者から借りることで返済の負担が軽くなります。

③ 特定口座に振り込み必要な場合
ご自身の口座から自動引き落としなら問題ないですが、振込が必要な契約をした場合によくありがちな、『振込忘れ』です。
毎日目を通すものに、返済期日を明記すると『振込忘れ』がなくなります。
具体的に、カレンダーやメモ帳、必ずこれは毎日目を通す物に記載しましょう。

④ 返済のために他社のキャッシング業者は使わない
最後に絶対に守るべきことです。
キャッシング返済の為に他社との契約は絶対にしないようにしましょう。
芋づる式で借金が増えるだけで、毎月の返済負担は大きくなるだけです。

これらのポイントが守れそうになければ、カードローンやキャッシングに手を出すべきではありません。

カードローンとキャッシングで迷ったら

通帳を見て困っている男性私の経験も交えた見解ですが、カードローンとキャッシング業者どちらにするかというよりも本人の状況に適しているのは、どっちかの方が探し易いと思います。
利息という面で言えば、やはり銀行系カードローンの方が安いです。
限度額も実績によって高くなり、そのメリットは多いと言えます。

銀行系カードローンに申し込んで、審査に落ちてしまったけど必要な出費があるから、どこかで借りなければならない。
こんな場合に選択の候補にあがるのが、キャッシング業者で中でも消費者金融です。
ひと昔前は消費者金融と言えばどんどん貸して枠を増やすというイメージがありましたが、現在は会社ごとの基準で審査していますので、どんどん貸すなどはありません。

審査についても、カードローンにしてもキャッシング業者にしても必ず情報機関に照会をします。
そこで、借り入れ状況や滞納履歴、滞納中や債務整理や自己破産などの情報を得て、その情報を元に会社が審査基準によって結果を出します。
情報機関は2種類あり、カードローンなどの銀行系は情報機関2箇所とも照会します。
キャッシング業者などの消費者金融は1箇所です。

選び方としては自分の状況に合わせて、選ぶ事が一番の良い方法だと思います。
滞納が過去にあったからと言って、審査に絶対落ちるという訳ではありません。
これは、カードローンとキャッシング業者ともに同じですが、どちらも延滞中はまず難しいと思います。

前日までには返済の準備をしよう

カレンダーと鉛筆カードローンやキャッシングをする場合、たとえば「毎月10日までに最低3000円」というように、返済日と最低返済額が設けられ、決まった金額を返済することとなります。
しかし借り入れをした場合、単に借入額を返済金額で割ったものが返済回数となるわけではありません。なぜなら金利が発生するからです。

早めに、かつ延滞せずに完済するためには「返済日と返済金額には余裕を持ち、なるべく多めに毎月返済する」のが重要です。

特に返済日は重要です。
もちろん当日までに返せば問題はありませんが、その日になって急用などが生じて、返済の手続きが出来ない、ということは誰にでも有り得ることです。
返すお金の準備をしていても、急用があったとしても、1日遅れてしまえば延滞です。
複数回続けば新たな借り入れが出来なくなる場合などもあります。
そうならないように、必ず返済日当日ではなく、前日までに返済の手続きを行うことをおすすめします。

また金額についても、最低返済額のみの返済を行っていると、完済までには長い期間がかかってしまいます。そのため、生活に余裕がある場合は、少しでも多めの金額を入金する習慣をつけることをおすすめします。

早めの入金と多めの返済、これが、延滞せずに完済する方法です。
事前に、この点について十分に考えてから借入を行いましょう。

夜も眠れなくなるくらい、借金問題で悩みました。

眠れない男性長い間借りては返しを繰り返しても、やはり「自分に借金がある」という現実は、つらいものです。
どんなに楽しく遊んでいても、どんなにおいしいものを食べても、どんなに嬉しいことがあっても、いつでも頭のどこかには「でも借金がある」ということが引っかかっていて、いつも少し憂鬱な気持ちです。

解決できないことに悩みすぎて夜も眠れなかった時期もあります。
ストレスが大きくなりすぎて、心療内科で安定剤などを処方されていた時期もあります。
滞納せずきちんと返済しても元本は減らず、いつも同じくらいの金額が残っているのも憂鬱でした。

借り入れを始めたころは、本当に、あまり何も考えていなかったので、そのことを心から後悔しました。
10万円ほどの借金を返すのにすら何年も掛かりました。
金利とはこんなに恐ろしいものなのかと、毎月のように思わずにはいられませんでした。

延滞をしなかったので取立てなどによる怖さを味わったことはありませんが、見たことのない電話番号が携帯の着信履歴にあったりすると、とても怖かったものです。
折り返しかけたほうがいいのか、スルーするべきなのか悩みました。
あのころの嫌な気持ちは、年月が過ぎたいまでも忘れられません。