自分の給料日後に返済できるカード会社を選ぶ

飛んでいく¥マークカードローンやキャッシングの返済が行き詰らないために、借りる前に調べておくことがあります。
まず、お金を借りる金融会社の利子率とキャッシングの返済日は重要です。
余裕があれば、ポイントが貯まれば、クーポンがもらえる、ポイントをTSUTAYAやnanacoポイントに交換することができるなどのカード会社の特典サービスも余裕があれば調べるといいと思います。
なるべく利子の少ないカード会社を選び、自分の給料が銀行の口座に振り込まれる日の後に、カードのローンやキャッシング返済できる会社を選ぶと良いと思います。
キャッシングした金額はいつ請求されるのか、その期間を把握することも大切だと思います。

また、自分の仕事の流れ、飲み会など毎月この日は特別な行事があるので、いくらの出費が見込まれるかの計算と給料からカードのキャッシングの引き落とし金額を引き、1か月にいくら自分がお金を使えるのか、その金額を把握することが大切だと思います。
返済はなるべく一括返済にし、リボ払いで払うのは避けた方が、自分自身もいくら借りたか把握でき、返済も遅延滞納せずに過ごせると思います。
まとめて5万借り、リボ払い返済など使用する場合は、それ以上に出費予定がない場合は毎月自分が返済できる金額を設定し返済すれば問題ないと思います。
次の出費が予想されたり、リボ払いで返済する場合は、自分が1か月に使用できる金額をきちんと見比べる必要です。

キャッシングのおかげで好きな女性と付き合えた

可愛いアクセサリー私はスポーツ用品の営業の仕事をしていて、職場には女性社員も多いので仕事やプライーベートなどいろいろな交流がありました。
それでいつも一緒に仕事をしている同僚の女性社員を異性として意識するようになってしまいました。
女性の誕生日が近づいてきたのでプレゼントを渡してアピールしてみようと考えました。
少し見栄を張ってもいいかなと思って、少し値段が高めのアクセサリーを購入する事にしました。

しかし金銭的に少し苦しかったのでキャッシングを利用。
条件として低金利で申し込みにあまり手間をかけたくないというのがありました。
そのため金利が低く設定されている銀行のカードローンの中から、インターネットだけで申し込み手続きが出来る楽天銀行スーパーローンに申し込む事に決めました。
私は楽天銀行の口座も持っていたので上手に利用出来そうかなとも思いました。

まず楽天銀行のホームページから個人情報や勤務先情報など必要項目を入力してカードローンの申し込みをしました。
それで審査をしてもらう事になり、結果が出るまで2日かかってしまいました。
電話で審査が通過したという連絡が来て、契約内容の説明を受けました。
その後に本人確認書類である運転免許証をスマートフォンの公式アプリで撮影して提出。
本人確認書類が提出出来たら契約完了になって指定していた楽天銀行の口座に15万円振り込んでもらえました。

金利は最高金利が適用されましたが14.5%でしたので消費者金融に比べると低い設定でした。
また返済は口座の自動引き落としで月々1万円ずつ返済していく形になりました。
楽天銀行スーパーローンで15万円を借りる事が出来たので少し値段が高めのアクセサリーを購入して、異性として意識するようになった同僚の女性にプレゼントする事にしました。

その女性はフリーの状態でしたので、当然告白するチャンスでもあり、思い切って食事に誘ってみました。
それでOKをもらって洋食のレストランで食事をして女性の誕生日を祝いました。
食事をした後に女性に奮発して購入したアクセサリーを誕生日プレゼントとして渡し、思い切って告白をしました。
女性も私の事を前から気に入っててくれてOKをもらえて付き合う事が出来ました。
楽天銀行スーパーローンで15万円を借りる事が出来た事が、女性と付き合えるきっかけにもなりました。
そのためキャッシングして本当に良かったと思いました。

ATMと使用するカードの見た目について

ATMの数字キーキャッシングしやすいATMは、やはりいろいろな金融会社が使用できるATMだと思います。
いろいろな金融会社が使用できるとは、例えばセブン銀行や郵便局などのキャッシングとは関係ない金融機関の出入金でも利用できることです。
利用しても、キャッシングしているように見えないATMだと安心できます。
ATMを使用している姿は友人や近隣住民などに見られている事が多く、お金に関する事なので人は興味を潜在的に持ちたれやすいので、どこどこのATMにいましたね、などと言われる事はよくある話です。

セブンイレブンのATMは買い物ついでに使用しても不思議ではないけど、例えばアコムのATMから出てきたらやはり気を使います。
明らかに消費者金融で、姿を見た人がお金に関する想像する事を避ける事ができないからです。
ですから、ATMはなるべく自社ではなくいろいろな金融会社が使用できるATMで使用とする事を促進することが、キャッシングしやすい事につながると感じます。

ATMで使用するカードについてですが、最近のカードはいろいろな柄や色など多彩にあり、カード会社の選別にもなっていると思います。
ただ、日本ではお金を借りる事があまり印象を良くしない事が多いので、キャッシングやカードローンのカードはなるべく地味で見た目、普通のカードと区別がつかないようなカードがいいと思います。
学校の行事などでファミレスで会合した時とかに割り勘で払う場面などでお財布を出す機会があると思うのですが、カード入れにそれと分かるようなカードがある場合、この人って大丈夫かなと頭によぎる事があります。
そのような場面でもわかりにくいカードや出金用カードと併用のカードローンカードなどが使用しやすいし選びやすいカードになるのではと思います。

借りすぎ防止にはシュミレーション

計算機とペンカードローンやキャッシングを利用する際に気を付けておかなければならないことは、よく言われていますが「計画的に」利用することです。
100万円等の高額でも10万円でも20万円でも、借りたお金は必ず返すことを念頭において借ります。
多重債務者や返済が延滞する人はこういった計画性が全くなく、その場しのぎを繰り返しています。
自分が今いくら借りていくらいつまでに返済すればいいのかが分からなくなってしまうのです。

こういったことにならないために、少額借りるのであっても必ず返済のシミュレーションすることをおすすめします。
最近ではカードローンやキャッシングの会社のホームページにも、返済シミュレーションシステムがあるのでそれを利用しても良いと思います。

仮に100万円借りるとして、まずカードローンやキャッシングの利用する際には審査があります。
審査基準は明確ではありませんが「この人に貸してもきちんと返してくれるのか」ということが最重要視されているのは間違いありません。
収入が第一と思いがちですがお金を貸す方はまず人を見ます。
過去に他のトラブルがなかったか?信用できる人かというのを見ます。

そうして次にいくら貸せるかの審査です。
年収の1/3まで借りることができるという総量規制という法律がありますので、借りる際にはひとつの目安にしたらいいと思います。

手間をかけないつもりがただの浪費に

空の財布を持つネコキャッシングというのを今冷静になって考えると金利がとても高いなと率直に思えてなりません。
まずクレジットカードには、ショッピング枠とキャッシング枠の利用可能金額が個々の収入によって決められています。

私も以前クレジットカードを持っていましたが、ネットショッピングする際に支払いをクレジットカードで済ませると手間暇がかからず楽だと思い、何度も買い物して今振り返れば逆に浪費していました。
月に一回クレジットカードの支払いをアルバイトの給料で払う流れができて、手元に現金をあまり残せない生活を何度もしていました。
クレジットカード一枚で常に生活できるわけではないので現金が欲しい。
必要で困ったときにキャッシングしましたが、それはほぼ全てが支払いがしたい時だったように思います。

収入が15万くらいの時でしたから支払いが大変になり、リボ払いやキャッシングでお金を借りていました。
10万円借りてを11万円で返す。その間にも日々の生活の中で浪費グセが治らず収入と支出のバランスが取れずにいました。
お金についての知識や消費者金融のしくみ、金利の事をよく考えないで、自分の欲望を満たしたいがためにお金を借りるのは、よくないと今は思います。

ただ借金は悪い事だ!とは思いません。自分に投資するなど有益な活用もあります。
現実社会では消費を促したり誘惑もたくさんあるので、理性を持ってよく考えてお金を借りるようにしたいと思います。

カードローンやキャッシング業者を選ぶときは。

キャッシングのカードまずは銀行系のカードローンをお勧めします。
年収がそれなりにあれば多く借りることもできるし、付き合いのある銀行だと審査も通りやすいです。
現状300万までなら収入証明書なしでOKのところも多いですし、借りる用途によって審査の内容が変わるかはわかりませんが、用途も多く選べるので自分で使いたいと思う内容が選べます。

また、実際借りる時は限度額や借りた金額によって返済金利が変わるので注意しないといけません。
ローン会社によって金利もさまざまなのでよく見た方が良いです。
それと毎月の返済金額も忘れずに確認が必要です。
借りたはいいけど月々の返済が多すぎるとかえってキツくなります。

審査においては例えば他に何かカードローンをしていて返済が遅れたことがあったりそれが1度ならまだしも2度3度とあると審査が通りません。
これだと消費者金融系カードローンも審査は通らないと思います。
まずは銀行系のカードローンを通してから次に消費者金融系のローン会社にした方が良いと思います。

あと注意点はカードをたくさん作りすぎると今まで使えてたカードが使えなくなってしまうこともあるので注意です。
経験上銀行系よりも消費者金融系のカードが先に使えなくなると思います。
何にしても毎月ちゃんと返せる額をまずは知ってからどこのカード会社にするか決めた方が良いですね。

最後に、基本カードローン&キャッシングはどうしても必要な時に使うべきだと思います。
常に計画的に使うことをお勧めします。

友人の出産祝い5万円を借りました!

テレオペの女性20代で結婚して間もない頃、挙式費用や新婚旅行代金など全て親と折半して自分たちで出してた事もあり、銀行ローンで地道に返済中の身でした。
そんな時に私の親友が初めての子供を出産したとの報が入り、お祝い金を何とか月々の給与から捻出したかったのですが、残念ながら無理そうだったので、泣く泣く消費者金融からキャッシングを決心したのです。
とにかく直ぐに親友への祝い金5万円だけを借りたかったので、金利が安い業者を探してたところ、ネットの口コミで対応が一番良いと評判のプロミスにダメ元で申し込みをしました。

今回初めて女性キャッシングの電話窓口から恐る恐る審査申請をしたのですが、電話先のオペレーターさんは大手銀行とは何一つ変わらない物腰の柔らかい対応をしてくれたお陰で、私も最後までリラックスしてやり取りができ、今まで持ってた怖い貸金業者のイメージが一変したのは間違いありません。
気になる審査内容に関しては、今の職業と勤続年数、他社への借入状況だけを聞かれました。
夫婦共々約30万円の債務を抱えてましたが、契約希望額を約10万円と少なく設定してみたら、共働きで滞納履歴がなかったのも評価されたのか、約1時間を経て無事審査にパスする事ができたのです。

幸いな事にプロミスの提携会社である三井住友銀行の口座をメインバンクにしてたので、本人確認書類の提出が全て終わった30分以内には5万円の口座着金通知が早くもあり、翌日には友人に無事に祝儀を渡す事ができ本当に助かりました。
返済に関しては、プロミスの場合は初月だけ無金利特典が付くので翌月に耳を揃えて気持ち良く完済したかったのですが、一括返済は少し厳しかったので、オペレーターの方と相談して月々1万円ずつ無理なく返すプランを選択しました。
ただ少し給与が多かった月やボーナスが入った時は、繰り上げ返済も申し込んだりして、結局3か月で完済に至りました。

ちなみにプロミスを利用してもう1つ良かったのは、土日にショッピングを楽しんでる日でも資金が急に足りなくなった際は手持ちの口座に即日融資して貰える事で、今まで何度もピンチを救われました。
それにキャッシングの利用明細もプロミスなら全て自分のパソコンで管理できるので、家に急に親や兄弟が来てもキャッシング利用してると怪しまれないですし、主人に無駄遣いしたと怒られる事もないので、とても有難い事尽くしです。
正直女性1人で消費者金融と契約を交わすのは不安で一杯でしたが、返済額を自分の収入に合わせて意外に少なく設定できるし、返済方法も手間が掛からないので、もっと早くから利用しておくべきだったというのが今の本音です。

すぐ返せるはずが、どんどん膨らむ借金

飲み会の様子現在3社から借金をしておりますが、初めて利用した金融機関はレイクでした。
CMなどで有名な会社だったので、安心感を感じ利用しました。
ですがこれが大きな間違いでした。

18歳から東京に出てきて親からの仕送りもなかった私は、夜間の専門学校に通いながらスーパーでアルバイトをして生計を立てていましたが、田舎からいきなり東京に出てきた私には東京は楽しすぎました。
24時間どこでも遊び場がある大都会はいくらお金があっても足りず、周りは仕送りがあったり夜間の学校なので大人も多く、仲良くなればなるほどお金のかかる遊びが増えていきました。

詳細には覚えていませんが、20歳になってすぐに金融機関のレビューをケータイで探していたと思います。
何日かネットサーフィンを繰り返し、結局安心感のあるレイクで借金。
若かったので上限額は20万でしたが、その時の私には十分でした。

最初は生活費のみに使用しましたが、次第に欲しい服、友達と遊ぶお金、飲み代とエスカレート・・
20万の上限はすぐにいっぱいになりました。
これではダメだと思い、その時は19歳の時に働いていた夜の仕事に戻り、1度は必死に働いて完済しました。
が、25歳の時に急に引越しをしなければいけなくなり、でもお金もなく。
そんな時に思い出したのがレイクでした。
完済したので安心し、もう利用してなるものかと思いながらも会員を退会せずにカードも財布に入ったままでした。

その時は仕方なくのつもりで利用し、またすぐに返せると思っていました。
ですが引越しが終わった後もお金は足りなくなり、20万の上限がいっぱいになっていたため他社でも借り始め、おまけにクレジットカードも作り高い買い物にそこでもキャッシング・・
自在にお金が出てくる魔法のカードに私の感覚は麻痺してしまい3社から借金。
結局借金の金額は100万円にまで達し、毎月何万と来る返済額を払うことが出来なくなってしまいました。

現在は一緒に暮らす彼氏ができ、将来の為にまずは借金を返すことを第一に動いていますが、28歳という年齢と彼氏の反対から夜の仕事は出来ず、事務の仕事をしています。
事務のお仕事のお給料は低く、毎月返済が遅れてしまいます。
彼は将来自分でお店を持ちたいと夢がある人で、毎月返済が遅れ、恐らくブラックになってしまった私のことを懸念しています。

あの時飲み代なんかでお金を使わなければ、あんな服買わなければ、高い美容院なんか行かなければ、あんな家賃の高い家に住まなければ、借金なんかしなければ。

毎日金融機関から届く手紙、会社に新生銀行と堂々と名乗ってかけてくる電話、親から来る借金から電話きたよという報告。

四方八方囲まれて鬱になってしまった時期もあり、自己破産なども考えましたが、今は前向きに働いています。
ですが後悔は完済しようとも消えることは無いと思います。
借金は自分の弱い心を増長させる力を持っているので注意が必要です。

債務整理をしてよかったと感じています

借金で苦しむ男性のイメージ債務整理を検討し始めた当時、失業中であったことから、おそらく自己破産になるだろうと思われました。
免責になれば借金はなくなりますし、自分名義の財産もありませんでしたから、返済を続けるよりは良いとも思ったんですが、実際のところ、弁護士さんに依頼するかどうかまでで2か月以上も悩みました。
自分の場合は大きなデメリットはないだろうと思っても、やはり「自己破産」となると決断には時間が必要でした。

その後に、小さい弁護士事務所の無料相談に行ったのですが、偶然その直前に新しい職が決まったんです。
そういったことも含めて弁護士さんにお話をしたところ、収入額や借入額などを計算したうえで、任意整理を提案してくれました。
そして任意整理を行い、現在も返済を続けています。

月々の返済額は半分ほどになりました。
自己破産ではないため、借金自体がなくなったわけではありません。
ただ利息もありませんし、月々の負担が減ったので、これでよかったと思っています。

任意整理の場合、すべての借金を整理する必要もなかったことから、銀行のカードローン1社は、現在もそのままの状態です。
なぜなら、そのとき決まった仕事が、なぜか「給与の振り込みは指定銀行のみ」で、運悪く借入していた先の銀行が、指定銀行だったのです。これに関しては、いずれ転職をして、その銀行を使う必要性がなくなったら、改めて弁護士さんに依頼をして、整理しようかとも考えています。

私の場合に限ってかもしれませんが、
債務整理をしてよかったと感じています。

キャッシング業者はやっぱり選ぼう。

$の袋を持つ手キャッシング業者を選ぶポイントは、金利です。
当たり前ですが、キャッシングして返済するときにこの金利の差で返済額が大きく変わってきます。
キャッシング業者と言っても様々なものがあり、消費者金融系と銀行系があります。
一般的には銀行系の方が若干金利は低めです。
キャンペーンなどで限定的に金利が低くなる場合などもあるため、よく調べる必要があります。

それから、もう一つ大きなポイントはスピードです。
キャッシングに頼りたいようなときは、急な出費で時間の余裕がないことがほとんど。
いざキャッシングしようとしても手続きに時間がかかってしまうようでは役に立ちません。
また、来店したり所得証明が必要な場合もありますのでそういうところでは必要な書類を準備しておかないといけない手間がかかります。

今の時代は審査から借入まで来店不要、一定額までなら所得証明不要でネットだけで手続き出来るので、大変便利です。
実際に私は、プロミスで5万円を借りようと思い申込みました。
その後、携帯に確認の電話があり内容に間違えないことを伝えると、そのままその電話で在籍確認をしてくれてそのまま融資を受けることが出来ました。

申込みから借入までだいたい3時間くらいだったと思います。
また、月々の返済額は2,000円なので余裕を持って返済することが出来ています。
返済もネットから返済出来たり、コンビニの提携ATMで土日でも利用できるので非常に満足です。
でのキャッシングは必要な金額だけにしましょう。