キャッシングは紹介屋に注意!

お金を渡す女性の手キャッシングのご利用は計画的にとよくCMで流れていますが、本当上手にというか考えて借りれば多少利息がついてもそれだけの価値はあると思います。
初めて借りたのは15年以上前、家を飛び出し一人暮らしをしてバイトを始めたばかり、数万の現金しかもっていなく、一カ月後の給料までどうやって生きていけばいいのか絶望的な気持ちでいました。
テレビで消費者金融のCMをよく見ていましたが、サラ金は怖い所というイメージも有り、どうやって借りに行けばいいのかもわからず、たまたま雑誌に載っていた激安金利と書かれた金融に電話しました。

そこで名前や住所等色々聞かれ、いったん電話を切って待っていると電話がかかってきました。
「当店の審査結果は残念ですがお断りします。」ああやっぱりアルバイトの俺なんかじゃどこも貸してくれないんだなぁ。。と一気に気分が萎えましたが、「当店の紹介があれば今から言うお店に行けば借りることは出来ます。」
え?なになに?と思い「ぜひお願いします。」と答えた私は言われたとおりに二駅離れた消費者金融のお店の前に到着。
\ショップ武富士と書かれた看板が神々しく見えました。
あの当時知らない人はほとんどいなかったのではないでしょうか。
消費者金融超大手の武富士、さっきの人の紹介があればこんな有名なところから借りれるんだぁと喜びながら入店しました。

ソファに座って待っていると 「どうぞこちらに」と女性店員に言われました。
それから希望金額と聞かれ色々審査のような事をしていてふと壁に貼られているポスター【紹介屋にご注意ください!!】・・・!?
無事審査が通ったらしく希望の10万円とともに契約書か何かの書類を店員さんが持ってきたときに「今まさにこの状況でございますー!どうしたらいいでございますー!」とわけのわからないことを言った覚えがありますね。
暴力団まがいな所と電話していたのかと思って怖かったですが、店員さんは「心配いらないです。」と「審査に落ちて借りれなかったと答えてください、そう言って話をすぐに終わらせれば恐らく何もないです。
借りれたと言ってしまったら必ず紹介料を要求してきます。」ポカーンと話を聞いて冷静さを取り戻した私は、店員さんにお礼を言い店を出ました。

結局自分の力で借りれたってことか・・無知な私はあやうく騙されるところでした。
店を出て30分位してでしょうか、紹介屋から電話があり、「いくら借りました?」と。
「審査落ちてすぐに帰りました。」といい、向こうはそんなはずは・・的な事を言ってましたがさっさと電話を切りました。
しばらくしてまた掛かってきましたがガン無視しました。
悪の間の手から救ってくれただけでなく10万円も貸してくれた武富士に感謝しましたね、
無事に借りれた私は節約して暮らし、給料日まで無事に過ごせました。
たしか毎月5000円位の返済していましたね。
昔なので29.0%の利息だったのですが、それでも助かったので特に利息が高いとは思っていません。
1年くらいしてほぼ完済しかけたときに限度額が50万に跳ね上がった時は何事かと思いましたが(笑)
最近は利息だってあの当時より全然安いし、働いている人には必要な時に本当に助かると思います。

消費者金融の金利見直しで返済が減額

お札を持っている手初めてプロミスに申し込んだ時には借入金が100万円、金利が29.2%で返済が42000円ぐらいだったと記憶しています。
その頃は29.2%という金利は当たり前でしたので、返済しても元金が戻らず「これが地獄の一歩か…」と悩んだ時もありました。
家族以外には借入は内緒でしたので、相談する相手もいなかったので本当に悩んでいました。
ある日テレビで消費者金融の金利が高いという事で見直しが行われると放送され、自分の金利が高いと思っていた私にとって明るい話題でした。

早速プロミスの店舗に行き、金利を下げられるか相談しました。
会社からの回答は「出来ます」という事でした。
返済が滞っていなかった事と、向こうから言われた金額を確実に入金していた私は、プロミスにとって印象が良かったようで優遇してもらいました。

その時は金利18%、返済金額が38000円になり、前よりも4000円も返済金額が減りました。
しばらくその金利と返済金額で返済していましたが、プロミスの方から優遇のお知らせがあり、再度店舗に赴くと金利15.4%、返済金額34000円に出来ると言われ、すぐ手続きをしてもらいました。
その後も見直しがあり、総量規制のため現在は金利15.0%、返済金額26000円で返済していて、元金も1000000円を切りました。
長い付き合いになっていますが、必要な時に使えて助かった部分もありましたので消費者金融も計画的に使えば良いなと感じています。

完済した時の自分の姿を想像

考える男性カードローンでの延滞をしないために考えておくことがあります。
それは借り入れする前に完済することを考えておくことです。
当たり前のことを言っているように見えますが、皆さん借り入れするときに、完済した時の自分の姿を想像しているでしょうか?

借り入れするときはだいたいがお金が必要となるときで、精神的にも辛く追い詰められています。
借りることで頭の中がいっぱいいっぱいになっている方がほとんどです。
そんな状態で、借り入れから完済するまで考えているとは思えないのです。

もちろん完済出来ればいいですが、そういった方は大概が借りては返すを繰り返していると思います。
原資が減らず毎月利子分をずっと払っているだけというサイクルに陥っているのです。
完済など夢のまた夢で返済自体も滞ってしまう可能性もあります。

借りる前は必ず完済することを頭に入れておくだけでかなり違ってきます。
借り入れ額は果たして自分の収入で返していけるだけの額なのか?返済が遅れないように返していけるのか?等借り入れする前に自問自答出来る時間を作ることです。
何も借りることが悪いことではないのでカードローンを有効に使うことで生活は豊かになりますし、実際に私も利用して良かったです。
しかし完済するまでに様々な苦労があったので完済することを頭に入れておけばよいと思います。

完済出来ます、だってあなたが借りたのだから

財布からはみ出るカードまずはもう二度と借りれないように信頼出来る人にカードを渡しました。
私の場合は同棲していた相手でした。
相手がいない人はハサミをいれれば良いと思います。
そして、周りにお金の使い方が派手な人たちがいたらその人たちとは距離を置きました。
お金がなくては成立しない関係だと薄々気づいていました。

まずは70万円完済するのに、いくらずつ返済していかなくてはいけないかカード会社に電話して確認しました。
自分が月々返済している金額に対していくら金利がかかっているのか計算しました。
そして、存分に青ざめて完済が遠いことに震え上がり、心が折れました。

でも、カードはないのでもう借りられません。
交際費も減っているはずなので返済出来る金額も多少は増えました。
返済に追われ本当に手元に残る現金などわずかでしたが、手元に増えた現金を請求とは別に少額でも何度も何度もATMから返済しました。

相変わらず手元に現金などありませんでしたが、それは前と同じ、でも借金が減っていると思えばあまり苦ではありませんでした。
それに、ATMから返済した分は借金そのものの残高を返済しているのでトータル残高を減らしていくことが出来たことが早く完済出来た方法だと思います。

いざという時のためだけでもアリかも知れません

1万円札を持つ手終電の時間ギリギリまで友人とお酒を飲んでいて、帰宅するために終電に乗っていたところ、途中でお腹が痛くなってしまい、耐えきれなくなり下車。
すぐさま駅のお手洗いに駆け込み、お腹の方はギリギリでなんとかなったのですが、そこから先、自宅まで帰る電車はもうありません。

朝までネットカフェで時間つぶしでもしようと、お店を探す前にお財布のお金をチェックしてみたところ、お財布にはお金がほとんど入っていませんでした。
お札は1枚もなく、小銭(数百円程度)しかありませんでした。

コンビニのATMにおろしにいったところ、自分のメインに利用している銀行は21時以降コンビニATMでは出金ができないという事をその場で知りました。
これからどうしようかと頭のなかが真っ白になっていたところ、キャッシングカードを作っていたことを思い出しました。
ラッキーにも財布にも入っていました。

そのキャッシングカードをATMに挿入して操作し、1万円札が出てきたときは本当に救われた気持ちでした。
どこかのキャンペーンで作ったときは危険だと思い、極力使わないようにしていたのですが、これ以来、お財布に忍ばせておいて、
いざとなったときには使えるようにしています。

軽い気持ちで借金して大変なことにならないために

ATM10万円以下のように比較的少ない金額の場合、いつでも返せると軽い気持ちで借金してしまいがちです。
しかしチリも積もればではないですが、この軽い気持ちが後々大変なことになるきっかけになってしまうことがあります。
自分の経験上、月々の返済額は把握しておかないと絶対ダメです。
年利が何パーセントなのか。その場合月々の返済額はいくらになるのか。
そして1番大切なのが、元金が月々幾らずつ返済できるかです。

カードローンやキャッシングは手軽ですがその分年利が非常に高いです。
金額にもよりますが大体15~18パーセントになると思います。
10万円なら15パーセントぐらいでしょうか。
そうすると月5000円の返済として(大体コレくらいの返済額になることが多いです)そのうち円は金利で引かれ元金は実質2500円しか減らない事になります。

そうするとたかが20万といえど返済までに80ヶ月を要することになってしまい、金利だけでも200000円を支払うことになってしまいます。
たかが20万で7年半も支払いを続け、更には何にもならない金利を200000円も支払うことになってしまうんです。
これってとんでもなく損な話です。
金額が小さいことであまり不便なく返済は出来るかもしれないのですが、借金は癖になります。
必ずなります。
借りるのならば返済を前倒しして、なるべく無理なく短い期間で終了させることが大事になります。

最低返済可能額はもったいない!

ローンと印字された通帳カードローンで2社合計120万円を借りました。
きっかけはバイナリーオプションの口座開設でした。
その時に紹介された人に「とりあえずお金ないならカードローンしちゃいなよ」と言われたので勢いに任せてやりました。
審査が面倒くさいけど、非正規社員やフリーターでも勤続年数や収入で100万円は簡単に借りられることに驚きました。

そして、僅かな金額から返済が可能だということも意外でした。
例えばA社なら50万円借りたら1万円から返済が可能で、70万円借りたB社なら2万円から返済可能。
月3万円からならそこまで無理しなくて払えることにビックリしました。
それでも月の利息があるので3万円払ったといって残高からは3万円少なくなるということはなくて、実質減ったとしても2万円いくかいかないか程度。
最低返済可能額から支払ったら利息ばかり取られるということに気づいてたから返済額を上げました。

返済額を上げればそれだけ利息が減り支払える金額が多くなります。
それが例えば月1万円払ったとしても利息が2000円取られます。
さらに3000円足して利息分を消しつつ、さらに1000円を返済額に増やせば12ヶ月連続で同じことをすれば実質1ヶ月分返済を多くししていることなります。
その他はボーナス時や大きい収入があったときに躊躇わずに払えるといいです。
それも利息の高い所からがおすすめです。

主婦がカードローンを選ぶポイントを教えます

ほぼ空のがまぐちまず主婦がご主人に内緒で借りる場合は、自動契約機がある大手消費者金融やメガバンクがオススメです。
内緒で借りる場合は、ローンカードと契約書が自宅に届かないような契約方法で契約する必要があります。
それが自動契約機で契約する方法で、ローンカードと契約書をここで受け取る必要があり、近所に自動契約機があることが条件となります。

次に主婦と言っても、専業主婦とパートをされている主婦に分けられます。
総量規制のために主婦のタイプにより、利用できる金融機関が異なるのです。
パートをしている主婦は、自分で収入があるので基本的にどの金融機関でも利用できます。
ですから即日融資という融資スピードで選ぶなら大手消費者金融、低金利で選ぶなら銀行カードローンとなります。

一方専業主婦は、自分で収入がないので総量規制の対象となる消費者金融を利用できません。
ですから専業主婦は銀行カードローンしか利用できないのです。
しかし最近は銀行カードローンでも即日融資が受けられるところがあります。
例えば三井住友銀行カードローンや三菱東京UFJ銀行のバンクイックは年14%台の低金利ながら、土日祝日でも自動契約機を利用すれば即日融資が受けられるのです。
このように主婦と一口に言っても利用できる金融機関は異なります。
いずれにしても大手の消費者金融や銀行カードローンが利便性が高く、これらの中から選ぶのが得策です。

15万円でも侮ることなかれ!塵も積もれば山

数枚のお札ちょっとお金が必要になり、15万円を金融機関から借りるとします。
仕事もしているし、15万円位ならいつでも返せると侮ってはいけません。
15万円という少額借入でも、きちんと返済プランを持って借りなければならないのです。

最初に考えることは、どの金融機関を利用するかです。
次の給料日でまとめて一括返済ができるなら、大手の消費者金融がオススメ。
モビット以外なら、30日間の無利息サービスがあるからです。
つまり次の給料日で全額返済できれば、無利息で借りられることになります。
なお5万円までの借入なら新生銀行カードローンのレイクだと、最大180日間無利息で借りられるます。
次のボーナスで一括返済するか、1万円ずつの分割返済でも無利息で借りられます。

15万円を分割返済で借りるなら、少しでも金利が低い銀行カードローン。
消費者金融よりも3%ほど金利が低いので、ちょっとでも返済額が楽になります。
なおなるべく利息を支払わないようにするために、余裕のある月は約定返済日以外でも繰り上げ返済し、なるべく早く返済するのがポイントです。

このように15万円程度の借入なら、利息を支払わなくてもお金が借りられます。
従って借入する前に、きちんと返済プランを立ててから利用する金融機関を選びまょう。

大学生の分際でカードローン利用

利息0円に喜ぶ女性私は昨年のクリスマスに彼女とディズニーランドへ泊まりがけで行くことになり、どうしてもあと5万円足りませんでした。
彼女とは結婚を考えていますし、初のお泊りだったのでこのチャンスを逃すわけにはいかなかったのです。
まさか遊びに行くお金を親に出してもらうわけにはいかず、学生の分際でカードローンを利用することを決意しました。

最近はカードローンは学生でも利用できると知っていたので、当初は大手の消費者金融から借りようとしていました。
なぜなら大手消費者金融なら審査が甘いと言われており、私でも借りられると思ったからです。
しかし良く調べてみると、新生銀行のカードローン・レイクなら、180日間5万円の借入まで無利息で借りられると分かり、レイクを利用することに決めました。

近所のビルにレイクの店舗があったので、そこで申し込みました。担当者と対面することはなく、備付けの電話で話すだけなのでそれほど緊張はしませんでした。
私はアルバイトで月6万円ほど収入があり、全く初めての借入だったこともあり、無事に5万円借りられました。
なお返済は毎月約1万円を5回で返済しました。
5万円の借入だったので無利息でした。

学生の分際でカードローンを利用することは後ろめたさがありましたが、両親にばれることもなく借りられました。
それに彼女との交際も順調ですし、利用して良かったです。