借りすぎ防止にはシュミレーション

計算機とペンカードローンやキャッシングを利用する際に気を付けておかなければならないことは、よく言われていますが「計画的に」利用することです。
100万円等の高額でも10万円でも20万円でも、借りたお金は必ず返すことを念頭において借ります。
多重債務者や返済が延滞する人はこういった計画性が全くなく、その場しのぎを繰り返しています。
自分が今いくら借りていくらいつまでに返済すればいいのかが分からなくなってしまうのです。

こういったことにならないために、少額借りるのであっても必ず返済のシミュレーションすることをおすすめします。
最近ではカードローンやキャッシングの会社のホームページにも、返済シミュレーションシステムがあるのでそれを利用しても良いと思います。

仮に100万円借りるとして、まずカードローンやキャッシングの利用する際には審査があります。
審査基準は明確ではありませんが「この人に貸してもきちんと返してくれるのか」ということが最重要視されているのは間違いありません。
収入が第一と思いがちですがお金を貸す方はまず人を見ます。
過去に他のトラブルがなかったか?信用できる人かというのを見ます。

そうして次にいくら貸せるかの審査です。
年収の1/3まで借りることができるという総量規制という法律がありますので、借りる際にはひとつの目安にしたらいいと思います。

手間をかけないつもりがただの浪費に

空の財布を持つネコキャッシングというのを今冷静になって考えると金利がとても高いなと率直に思えてなりません。
まずクレジットカードには、ショッピング枠とキャッシング枠の利用可能金額が個々の収入によって決められています。

私も以前クレジットカードを持っていましたが、ネットショッピングする際に支払いをクレジットカードで済ませると手間暇がかからず楽だと思い、何度も買い物して今振り返れば逆に浪費していました。
月に一回クレジットカードの支払いをアルバイトの給料で払う流れができて、手元に現金をあまり残せない生活を何度もしていました。
クレジットカード一枚で常に生活できるわけではないので現金が欲しい。
必要で困ったときにキャッシングしましたが、それはほぼ全てが支払いがしたい時だったように思います。

収入が15万くらいの時でしたから支払いが大変になり、リボ払いやキャッシングでお金を借りていました。
10万円借りてを11万円で返す。その間にも日々の生活の中で浪費グセが治らず収入と支出のバランスが取れずにいました。
お金についての知識や消費者金融のしくみ、金利の事をよく考えないで、自分の欲望を満たしたいがためにお金を借りるのは、よくないと今は思います。

ただ借金は悪い事だ!とは思いません。自分に投資するなど有益な活用もあります。
現実社会では消費を促したり誘惑もたくさんあるので、理性を持ってよく考えてお金を借りるようにしたいと思います。