主婦がカードローンを選ぶポイントを教えます

ほぼ空のがまぐちまず主婦がご主人に内緒で借りる場合は、自動契約機がある大手消費者金融やメガバンクがオススメです。
内緒で借りる場合は、ローンカードと契約書が自宅に届かないような契約方法で契約する必要があります。
それが自動契約機で契約する方法で、ローンカードと契約書をここで受け取る必要があり、近所に自動契約機があることが条件となります。

次に主婦と言っても、専業主婦とパートをされている主婦に分けられます。
総量規制のために主婦のタイプにより、利用できる金融機関が異なるのです。
パートをしている主婦は、自分で収入があるので基本的にどの金融機関でも利用できます。
ですから即日融資という融資スピードで選ぶなら大手消費者金融、低金利で選ぶなら銀行カードローンとなります。

一方専業主婦は、自分で収入がないので総量規制の対象となる消費者金融を利用できません。
ですから専業主婦は銀行カードローンしか利用できないのです。
しかし最近は銀行カードローンでも即日融資が受けられるところがあります。
例えば三井住友銀行カードローンや三菱東京UFJ銀行のバンクイックは年14%台の低金利ながら、土日祝日でも自動契約機を利用すれば即日融資が受けられるのです。
このように主婦と一口に言っても利用できる金融機関は異なります。
いずれにしても大手の消費者金融や銀行カードローンが利便性が高く、これらの中から選ぶのが得策です。

15万円でも侮ることなかれ!塵も積もれば山

数枚のお札ちょっとお金が必要になり、15万円を金融機関から借りるとします。
仕事もしているし、15万円位ならいつでも返せると侮ってはいけません。
15万円という少額借入でも、きちんと返済プランを持って借りなければならないのです。

最初に考えることは、どの金融機関を利用するかです。
次の給料日でまとめて一括返済ができるなら、大手の消費者金融がオススメ。
モビット以外なら、30日間の無利息サービスがあるからです。
つまり次の給料日で全額返済できれば、無利息で借りられることになります。
なお5万円までの借入なら新生銀行カードローンのレイクだと、最大180日間無利息で借りられるます。
次のボーナスで一括返済するか、1万円ずつの分割返済でも無利息で借りられます。

15万円を分割返済で借りるなら、少しでも金利が低い銀行カードローン。
消費者金融よりも3%ほど金利が低いので、ちょっとでも返済額が楽になります。
なおなるべく利息を支払わないようにするために、余裕のある月は約定返済日以外でも繰り上げ返済し、なるべく早く返済するのがポイントです。

このように15万円程度の借入なら、利息を支払わなくてもお金が借りられます。
従って借入する前に、きちんと返済プランを立ててから利用する金融機関を選びまょう。

大学生の分際でカードローン利用

利息0円に喜ぶ女性私は昨年のクリスマスに彼女とディズニーランドへ泊まりがけで行くことになり、どうしてもあと5万円足りませんでした。
彼女とは結婚を考えていますし、初のお泊りだったのでこのチャンスを逃すわけにはいかなかったのです。
まさか遊びに行くお金を親に出してもらうわけにはいかず、学生の分際でカードローンを利用することを決意しました。

最近はカードローンは学生でも利用できると知っていたので、当初は大手の消費者金融から借りようとしていました。
なぜなら大手消費者金融なら審査が甘いと言われており、私でも借りられると思ったからです。
しかし良く調べてみると、新生銀行のカードローン・レイクなら、180日間5万円の借入まで無利息で借りられると分かり、レイクを利用することに決めました。

近所のビルにレイクの店舗があったので、そこで申し込みました。担当者と対面することはなく、備付けの電話で話すだけなのでそれほど緊張はしませんでした。
私はアルバイトで月6万円ほど収入があり、全く初めての借入だったこともあり、無事に5万円借りられました。
なお返済は毎月約1万円を5回で返済しました。
5万円の借入だったので無利息でした。

学生の分際でカードローンを利用することは後ろめたさがありましたが、両親にばれることもなく借りられました。
それに彼女との交際も順調ですし、利用して良かったです。