完済出来ます、だってあなたが借りたのだから

財布からはみ出るカードまずはもう二度と借りれないように信頼出来る人にカードを渡しました。
私の場合は同棲していた相手でした。
相手がいない人はハサミをいれれば良いと思います。
そして、周りにお金の使い方が派手な人たちがいたらその人たちとは距離を置きました。
お金がなくては成立しない関係だと薄々気づいていました。

まずは70万円完済するのに、いくらずつ返済していかなくてはいけないかカード会社に電話して確認しました。
自分が月々返済している金額に対していくら金利がかかっているのか計算しました。
そして、存分に青ざめて完済が遠いことに震え上がり、心が折れました。

でも、カードはないのでもう借りられません。
交際費も減っているはずなので返済出来る金額も多少は増えました。
返済に追われ本当に手元に残る現金などわずかでしたが、手元に増えた現金を請求とは別に少額でも何度も何度もATMから返済しました。

相変わらず手元に現金などありませんでしたが、それは前と同じ、でも借金が減っていると思えばあまり苦ではありませんでした。
それに、ATMから返済した分は借金そのものの残高を返済しているのでトータル残高を減らしていくことが出来たことが早く完済出来た方法だと思います。