借りすぎ防止にはシュミレーション

計算機とペンカードローンやキャッシングを利用する際に気を付けておかなければならないことは、よく言われていますが「計画的に」利用することです。
100万円等の高額でも10万円でも20万円でも、借りたお金は必ず返すことを念頭において借ります。
多重債務者や返済が延滞する人はこういった計画性が全くなく、その場しのぎを繰り返しています。
自分が今いくら借りていくらいつまでに返済すればいいのかが分からなくなってしまうのです。

こういったことにならないために、少額借りるのであっても必ず返済のシミュレーションすることをおすすめします。
最近ではカードローンやキャッシングの会社のホームページにも、返済シミュレーションシステムがあるのでそれを利用しても良いと思います。

仮に100万円借りるとして、まずカードローンやキャッシングの利用する際には審査があります。
審査基準は明確ではありませんが「この人に貸してもきちんと返してくれるのか」ということが最重要視されているのは間違いありません。
収入が第一と思いがちですがお金を貸す方はまず人を見ます。
過去に他のトラブルがなかったか?信用できる人かというのを見ます。

そうして次にいくら貸せるかの審査です。
年収の1/3まで借りることができるという総量規制という法律がありますので、借りる際にはひとつの目安にしたらいいと思います。

カードローンやキャッシング業者を選ぶときは。

キャッシングのカードまずは銀行系のカードローンをお勧めします。
年収がそれなりにあれば多く借りることもできるし、付き合いのある銀行だと審査も通りやすいです。
現状300万までなら収入証明書なしでOKのところも多いですし、借りる用途によって審査の内容が変わるかはわかりませんが、用途も多く選べるので自分で使いたいと思う内容が選べます。

また、実際借りる時は限度額や借りた金額によって返済金利が変わるので注意しないといけません。
ローン会社によって金利もさまざまなのでよく見た方が良いです。
それと毎月の返済金額も忘れずに確認が必要です。
借りたはいいけど月々の返済が多すぎるとかえってキツくなります。

審査においては例えば他に何かカードローンをしていて返済が遅れたことがあったりそれが1度ならまだしも2度3度とあると審査が通りません。
これだと消費者金融系カードローンも審査は通らないと思います。
まずは銀行系のカードローンを通してから次に消費者金融系のローン会社にした方が良いと思います。

あと注意点はカードをたくさん作りすぎると今まで使えてたカードが使えなくなってしまうこともあるので注意です。
経験上銀行系よりも消費者金融系のカードが先に使えなくなると思います。
何にしても毎月ちゃんと返せる額をまずは知ってからどこのカード会社にするか決めた方が良いですね。

最後に、基本カードローン&キャッシングはどうしても必要な時に使うべきだと思います。
常に計画的に使うことをお勧めします。

友人の出産祝い5万円を借りました!

テレオペの女性20代で結婚して間もない頃、挙式費用や新婚旅行代金など全て親と折半して自分たちで出してた事もあり、銀行ローンで地道に返済中の身でした。
そんな時に私の親友が初めての子供を出産したとの報が入り、お祝い金を何とか月々の給与から捻出したかったのですが、残念ながら無理そうだったので、泣く泣く消費者金融からキャッシングを決心したのです。
とにかく直ぐに親友への祝い金5万円だけを借りたかったので、金利が安い業者を探してたところ、ネットの口コミで対応が一番良いと評判のプロミスにダメ元で申し込みをしました。

今回初めて女性キャッシングの電話窓口から恐る恐る審査申請をしたのですが、電話先のオペレーターさんは大手銀行とは何一つ変わらない物腰の柔らかい対応をしてくれたお陰で、私も最後までリラックスしてやり取りができ、今まで持ってた怖い貸金業者のイメージが一変したのは間違いありません。
気になる審査内容に関しては、今の職業と勤続年数、他社への借入状況だけを聞かれました。
夫婦共々約30万円の債務を抱えてましたが、契約希望額を約10万円と少なく設定してみたら、共働きで滞納履歴がなかったのも評価されたのか、約1時間を経て無事審査にパスする事ができたのです。

幸いな事にプロミスの提携会社である三井住友銀行の口座をメインバンクにしてたので、本人確認書類の提出が全て終わった30分以内には5万円の口座着金通知が早くもあり、翌日には友人に無事に祝儀を渡す事ができ本当に助かりました。
返済に関しては、プロミスの場合は初月だけ無金利特典が付くので翌月に耳を揃えて気持ち良く完済したかったのですが、一括返済は少し厳しかったので、オペレーターの方と相談して月々1万円ずつ無理なく返すプランを選択しました。
ただ少し給与が多かった月やボーナスが入った時は、繰り上げ返済も申し込んだりして、結局3か月で完済に至りました。

ちなみにプロミスを利用してもう1つ良かったのは、土日にショッピングを楽しんでる日でも資金が急に足りなくなった際は手持ちの口座に即日融資して貰える事で、今まで何度もピンチを救われました。
それにキャッシングの利用明細もプロミスなら全て自分のパソコンで管理できるので、家に急に親や兄弟が来てもキャッシング利用してると怪しまれないですし、主人に無駄遣いしたと怒られる事もないので、とても有難い事尽くしです。
正直女性1人で消費者金融と契約を交わすのは不安で一杯でしたが、返済額を自分の収入に合わせて意外に少なく設定できるし、返済方法も手間が掛からないので、もっと早くから利用しておくべきだったというのが今の本音です。

キャッシング業者はやっぱり選ぼう。

$の袋を持つ手キャッシング業者を選ぶポイントは、金利です。
当たり前ですが、キャッシングして返済するときにこの金利の差で返済額が大きく変わってきます。
キャッシング業者と言っても様々なものがあり、消費者金融系と銀行系があります。
一般的には銀行系の方が若干金利は低めです。
キャンペーンなどで限定的に金利が低くなる場合などもあるため、よく調べる必要があります。

それから、もう一つ大きなポイントはスピードです。
キャッシングに頼りたいようなときは、急な出費で時間の余裕がないことがほとんど。
いざキャッシングしようとしても手続きに時間がかかってしまうようでは役に立ちません。
また、来店したり所得証明が必要な場合もありますのでそういうところでは必要な書類を準備しておかないといけない手間がかかります。

今の時代は審査から借入まで来店不要、一定額までなら所得証明不要でネットだけで手続き出来るので、大変便利です。
実際に私は、プロミスで5万円を借りようと思い申込みました。
その後、携帯に確認の電話があり内容に間違えないことを伝えると、そのままその電話で在籍確認をしてくれてそのまま融資を受けることが出来ました。

申込みから借入までだいたい3時間くらいだったと思います。
また、月々の返済額は2,000円なので余裕を持って返済することが出来ています。
返済もネットから返済出来たり、コンビニの提携ATMで土日でも利用できるので非常に満足です。
でのキャッシングは必要な金額だけにしましょう。

誰にも知られずにカードローンしたい人

不安そうにATMを訪れる男性キャッシングをしたり、カードローンを作るのを誰にも知られたくない、そういう方たちが少なからずいると思います。
無人契約機へ行って画面の案内に従って進めていけば、その場所でカードを作ることもできます。
そこでカードを手に入れることができますので、あとで家族の人がいる家へ郵送される心配はありません。
またカード以外にも契約書や規約書なども、その場所で全て手に入れることができ、それらの書類も郵送されませんので、誰かに知られることはありません。

そして、無人契約機ですので、誰かお店の人と面と向かって話す必要もなく、お店の人に顔を覚えられるといった心配もしなくて良いのです。
ただ、やはりお店の人と会話が全くなしというわけにはいけませんので、画面近くにある電話機で多少のやりとりは必要ではあります。

その会話中ですが、他の人に聞かれたり他の人がお店に入ってくる可能性があるのではと心配になりますね。
業者によりますが、完全個室でできる場所もあります。
鍵をかけることもできますので、だいぶ安心できるかと思います。
しかし、完全防音ではないので、ほんとに他人に声をきかれたくない方は、誰か入ってきてしまった場合は、いなくなるのを待つしかないかと思います。

問題があるとすれば、自分の保管場所が悪く、家族や誰かに知られてしまう場合、もしくは期限内に返済を行わない場合は、家の電話にかかってきて家の人がとってしまったり、郵送物が届いてしまう場合があるそうなので、その部分に関しましては自己責任ということになります。
誰かに知られたくないけど、カードローンを作りたい、そういう人たちに適した業者は結構ありますので、調べてみるといいと思います。

キャッシングという強い味方

happyweddingの文字イラスト

友達の結婚が急に決まりました。
ずっと独身でいると思っていた友達です。
結婚式に招待され、中学時代からずっと仲の良かった友達なのでとても嬉しかったのですが、お金がなくて困りました。

結婚式となるとお祝いや帰省費用・衣装代などかなりの出費になりますが、子供の進学とも重なってしまってどうしようもない状態。
彼女は私の結婚の時には遠方から駆けつけてくれました。
とても喜んでくれて、写真もたくさん撮ってくれて嬉しかったので、今度は、私がお祝いをしてあげる番です。

ですが下の子の小学校入学準備で、学習机やランドセル、スーツや学用品など揃えたので、かなりのお金を使っていました。
全部で20万円近く使い、少しだけあった貯金はなくなっています。
どうしても結婚式に出席したかった私は、キャッシングを利用することにしました。
お祝いで3万円、帰省費用に私と子供たちで7万円、洋服はクレジットカードで購入しました。
泊まるのは実家で、宿泊代と食事代がいらないので助かりました。
ちょうど春休みだったので、子供たちはおじいちゃんやおばあちゃんが遊んでくれたり、色々買ってくれました。

キャッシングはアコムを利用しました。金額は10万円です。
インターネットで申し込みをすると、審査結果が当日中にわかって助かりました。
急いでいたので、審査の結果が早くに知りたくて、メールが来ていないか何度もチェックしていました。
パートで働いていて信用があったためか、審査は簡単に通過できました。

その後も本当に困ったときには、消費者金融を利用しています。
使いすぎて、返済できなくなったら大変ですが、きちんと返済すれば怖くありません。
日常的な利用もしていないので、安心して使っています。

結婚式はとても感動的で、出席できて本当によかったです。
友達から交通費も出して頂き、親からも少し援助してもらえたので、そのお金を一部返済に充てました。
残りは、毎月少しずつ返済しています。

急な結婚を聞いたときは本当に困りました。
貯金ができていない私がいけなかったのですが、キャッシングという強い味方を得ることができました。
困ったときは、また利用したいです。
キャッシングをしたことは、親にも友達にも家族にも内緒です。
インターネットで申し込みができるので、誰にもバレずに済みました。
とても手軽で使いやすいので、上手に付き合っていきたいですね。

ネットだけで完結する便利なキャッシング

一戸建ての家

自宅の外壁が汚れてきてしかもカビが生えていたので外壁塗装をしなければいけなくなりました。
外壁塗装は費用がかかるのでもう少し様子をみたかったですが、カビが生えているのを放置してしまうと老朽化が進むのでそうも言っていられません。
外壁塗装にかかる費用を見積もったところ15万円ほど。
今回その費用を思い切ってキャッシングを利用して借りる事にしました。

支払いまで少し時間がありましたので金利を重視してキャッシング業者を探しました。
金利を重視する場合、低金利の銀行カードローンの中から選ぶ事になりますが、銀行カードローンにもいろいろありましたのでかなり悩みました。

メガバンクの銀行カードローンにしようと思っていたら楽天銀行スーパーローンが申し込みに手間がかからないという事でしかも楽天銀行の口座も持っているので楽天銀行スーパーローンに申し込む事にしました。
楽天銀行はネットバンキングなのでカードローンの申し込みはインターネットだけになります。
そのため店舗や自動契約機に出向くという事がないのでその辺りが手間がかからないという事なのかなと思いました。

まずホームページから自分の名前など個人情報や勤務先など必要項目を入力して申し込み、その後審査・在籍確認・必要書類の提出などをしました。
必要書類の提出は楽天銀行の公式アプリにアップロード機能が付いていたので撮影して提出する事が出来ました。
その後契約完了できたので、ネットキャッシングを利用。

無事に外壁塗装にかかる費用の15万円を借りる事が出来ました。
金利は最高金利が適用されましたが、それでも14.5%と消費者金融より低い設定になっていました。
また返済は口座引き落としで月々1万円ずつ返済です。
キャッシングは自動契約機で申し込むというイメージがありましたので、今回手続きがすべてインターネットなので新鮮な感じがしました。

手続きがすべてインターネットだと周囲の視線を気にしなくていいし、家族や友人に内緒にも出来るのでその辺りはメリットになると思います。
しかし手軽すぎるため、借り過ぎは注意しなければいけないと感じました。

楽天銀行スーパーローンのおかげで、予定通り自宅の外壁塗装を行えたので、新築に住んでいるような感覚になって気分一新する事が出来ました。

海外でPLUS機能代わりに使えるキャッシング

外貨紙幣の写真仕事内容にもよるとは思いますが、最近は頻繁に海外出張に行く方も増えていますね。
出張につぐ出張で現金はほとんど持ち合わせがない状態で、次の国へ飛ぶなんてこともあると思います。

キャッシュカードでのお金の引き出しも以前に比べれば簡単になっていて、特に「PLUS」機能がついた便利なキャッシュカードもあります。PLUS機能とは、世界中のATMでこのマークがついていれば、自分の銀行にある日本円口座から現地通貨で下ろすことができるという機能のことです。

とても便利な機能ですが、どのATMでも全てこのPLUS機能に対応しているとは限りません。
特に深夜便で渡航した場合などは、空港のATMは使えないこともありますし、出張で向かう先が都市部から離れていれば、PLUS機能は利用できない可能性が高まります。

現金が底をついた状態で、PLUS機能のついたATMがあるだろうと思って悠長に考えていると、やっと見つけたATMでは使えなかったり、PLUS機能対応であってもエラーになることもあります。
「sorry、this card is not available now.」すみません、このカードは今、使えませんという意味ですが、理由は不明で困ります。

PLUS機能は問題なく利用できる場合は便利ですし、これは自分の銀行口座からの出金のため安心できるので、こだわる人も結構います。
でも最近ではもっと便利に使えるキャッシングを利用する人が増えているのも事実です。

「キャッシングは借金。ましてや海外でなんて利子が怖い」と考えがちですが、実はPLUS機能も結局は為替手数料と称していくばくかの利子というか手数料とられているので、キャッシングとほとんど変わらないのです。

キャッシングならクレジットカードがあれば、対応のATMが多いので簡単に引き出せるます。
海外で現金の持ち合わせがなくなったときは、気持ちも余裕がなくなりますので、使えるかどうかわからないというのは、結構負担になります。

よほどの高額の借り入れでなければ、翌月の一括返済ができると思うので、利子も数百円程度で済みます。
クレジットカードで買い物するのと同じで、翌月に請求が来て清算されるだけなので安心して利用できるものなのです。

キャッシングという選択肢を持つことの重要性

手術室のドアのイラスト人生には突発的な支出が避けられません。
いくら計画的に収入をやりくりしていても、なんともならないときもあります。

たとえば入院、まったく予期してなかった病気により手術…。
自分にそんなことが起きるとは思ってもいない人がほとんどでしょう。

特に独身時代や子どもにお金がかかるなど、十分な貯金もない時に突然そんなことになってしまったら、どうしようもありません。それでもあっという間に退院して、多少の費用で済めばよいですが、回復が悪く入院期間が長期化する場合もあります。
入院してから支払金額が自分の予定していた額を大幅に上回ってしまったら、ピンチ到来です。

昔々だったら、親戚中駆け回ったり、友人などを訪ね歩いたりしてお金を工面することも可能でしょうが、現代はそんなことは不可能です。
親戚だって自分たちの生活でいっぱいだし、友人だって金なんか貸してくれるわけがありません。

そんなときの頼みの綱は、やはりキャッシングです。
人間関係が希薄になった現代の「親戚」代わりがキャッシングカードとさえ、言えると思います。

手術・入院という非常事態に直面して「本当にありがたかった。」と初めて実感したという声は、とてもよく聞きます。
入院保険・手術保険に加入してたとしても、保険金の申請から入金までには2~3ヶ月くらいの時間がかかるものです。
どうしても一時的には、どこかからお金を工面する必要はどうしてもでてくるのです。

最近のキャッシングは返済プランも色々ありますし、短期の借り入れであれば利息もそれほどかからない場合が多いです。
保険に入っている場合は、保険金が入るまでの返済は1万円程度の金額に抑えて、入金後に残金を一括返済すれば負担もほとんどありません。

「いざというとき」とテレビコマーシャルなどでは宣伝しています。
でもほとんどの人が、「そんなことがあるわけない、そんなのは計画性がない奴だけが借りるんだ」と自分には人ごとのように感じて、そんなテレビコマーシャルをいつも聞き流していると思います。
ところが自分自身に、予想していなかった出費に見舞われる出来事が起こって初めて、キャッシングの有り難さが身にしみるのです。

もちろん、キャッシングなどのお世話にならずに、一生過ごしていけるのが一番です。
借金などしないように計画的に収入をやりくりすることは、もちろん必要なことです。

ですが「いざというときの保険」として、出番はなくともキャッシングカードを財布の一番奥にスタンバイしておくことは、とても重要なことだと思います。

借り換えの落とし穴

お札のイラスト私は、複数の金融会社で借金をしていてバラバラで返済していたので、まとめたいと思っていました。
その総額が200万円ほどでしたので、それまでは50万円ほどのカードローンを3・4社利用していたのですが、200万円となると少額ではありませんのでどうするか考えました。

現状のままだと複数の借金返済をし続けるのは困難であるのと、金利さらにが安い業者があったため、そちらに変更できれば負担が少なくしたいと思いました。
14.6%程度が13.6%にできれば、かなりかわってくると思います。
審査が通るのか不安でしたが、無事通りましたので融資を受ける事に決めました。

カードが届いてからすぐに、他社のローン返済にあて、返済にあてましたが上限額より多少の余裕があったため、つい借りてしまう事がありました。
また、返済がリボルビング方式のため借りた額によって一度の返済金額も変わってくるので、少しずつ返済金額が高くなっていきました。

カードローン利用して良かった点は、ローンをまとめられて利息を下げれた事ですが、余裕ができたことが逆にデメリットにもなりました。
今までのローンに加えてさらに借りてしまった事です。

また、せっかくまとめたにもかかわらず、他のカードローンにも手を出した結果、借金が膨らんでいきました。
ちょうど、会社のセミナーで我について考えるというセミナーがありましたので受講したのですが、その時に冷静になってこのままでは借金地獄に陥ると思い、借金返済をかたく心に決めました。

それからは、返済との戦いでした。
極力、借金はせずに返していく日々で、5年ほどかかりましたが何とか返す事ができました。
カードローンはいつでも余裕額があれば借りられるため、心が乱れてしまうので今は封印しています。
メリットもありますが、デメリットも大きいのでよく考えて、強い意志を持ち決めた額だけ借りることは基本になります。