最低返済可能額はもったいない!

ローンと印字された通帳カードローンで2社合計120万円を借りました。
きっかけはバイナリーオプションの口座開設でした。
その時に紹介された人に「とりあえずお金ないならカードローンしちゃいなよ」と言われたので勢いに任せてやりました。
審査が面倒くさいけど、非正規社員やフリーターでも勤続年数や収入で100万円は簡単に借りられることに驚きました。

そして、僅かな金額から返済が可能だということも意外でした。
例えばA社なら50万円借りたら1万円から返済が可能で、70万円借りたB社なら2万円から返済可能。
月3万円からならそこまで無理しなくて払えることにビックリしました。
それでも月の利息があるので3万円払ったといって残高からは3万円少なくなるということはなくて、実質減ったとしても2万円いくかいかないか程度。
最低返済可能額から支払ったら利息ばかり取られるということに気づいてたから返済額を上げました。

返済額を上げればそれだけ利息が減り支払える金額が多くなります。
それが例えば月1万円払ったとしても利息が2000円取られます。
さらに3000円足して利息分を消しつつ、さらに1000円を返済額に増やせば12ヶ月連続で同じことをすれば実質1ヶ月分返済を多くししていることなります。
その他はボーナス時や大きい収入があったときに躊躇わずに払えるといいです。
それも利息の高い所からがおすすめです。

主婦がカードローンを選ぶポイントを教えます

ほぼ空のがまぐちまず主婦がご主人に内緒で借りる場合は、自動契約機がある大手消費者金融やメガバンクがオススメです。
内緒で借りる場合は、ローンカードと契約書が自宅に届かないような契約方法で契約する必要があります。
それが自動契約機で契約する方法で、ローンカードと契約書をここで受け取る必要があり、近所に自動契約機があることが条件となります。

次に主婦と言っても、専業主婦とパートをされている主婦に分けられます。
総量規制のために主婦のタイプにより、利用できる金融機関が異なるのです。
パートをしている主婦は、自分で収入があるので基本的にどの金融機関でも利用できます。
ですから即日融資という融資スピードで選ぶなら大手消費者金融、低金利で選ぶなら銀行カードローンとなります。

一方専業主婦は、自分で収入がないので総量規制の対象となる消費者金融を利用できません。
ですから専業主婦は銀行カードローンしか利用できないのです。
しかし最近は銀行カードローンでも即日融資が受けられるところがあります。
例えば三井住友銀行カードローンや三菱東京UFJ銀行のバンクイックは年14%台の低金利ながら、土日祝日でも自動契約機を利用すれば即日融資が受けられるのです。
このように主婦と一口に言っても利用できる金融機関は異なります。
いずれにしても大手の消費者金融や銀行カードローンが利便性が高く、これらの中から選ぶのが得策です。

15万円でも侮ることなかれ!塵も積もれば山

数枚のお札ちょっとお金が必要になり、15万円を金融機関から借りるとします。
仕事もしているし、15万円位ならいつでも返せると侮ってはいけません。
15万円という少額借入でも、きちんと返済プランを持って借りなければならないのです。

最初に考えることは、どの金融機関を利用するかです。
次の給料日でまとめて一括返済ができるなら、大手の消費者金融がオススメ。
モビット以外なら、30日間の無利息サービスがあるからです。
つまり次の給料日で全額返済できれば、無利息で借りられることになります。
なお5万円までの借入なら新生銀行カードローンのレイクだと、最大180日間無利息で借りられるます。
次のボーナスで一括返済するか、1万円ずつの分割返済でも無利息で借りられます。

15万円を分割返済で借りるなら、少しでも金利が低い銀行カードローン。
消費者金融よりも3%ほど金利が低いので、ちょっとでも返済額が楽になります。
なおなるべく利息を支払わないようにするために、余裕のある月は約定返済日以外でも繰り上げ返済し、なるべく早く返済するのがポイントです。

このように15万円程度の借入なら、利息を支払わなくてもお金が借りられます。
従って借入する前に、きちんと返済プランを立ててから利用する金融機関を選びまょう。

大学生の分際でカードローン利用

利息0円に喜ぶ女性私は昨年のクリスマスに彼女とディズニーランドへ泊まりがけで行くことになり、どうしてもあと5万円足りませんでした。
彼女とは結婚を考えていますし、初のお泊りだったのでこのチャンスを逃すわけにはいかなかったのです。
まさか遊びに行くお金を親に出してもらうわけにはいかず、学生の分際でカードローンを利用することを決意しました。

最近はカードローンは学生でも利用できると知っていたので、当初は大手の消費者金融から借りようとしていました。
なぜなら大手消費者金融なら審査が甘いと言われており、私でも借りられると思ったからです。
しかし良く調べてみると、新生銀行のカードローン・レイクなら、180日間5万円の借入まで無利息で借りられると分かり、レイクを利用することに決めました。

近所のビルにレイクの店舗があったので、そこで申し込みました。担当者と対面することはなく、備付けの電話で話すだけなのでそれほど緊張はしませんでした。
私はアルバイトで月6万円ほど収入があり、全く初めての借入だったこともあり、無事に5万円借りられました。
なお返済は毎月約1万円を5回で返済しました。
5万円の借入だったので無利息でした。

学生の分際でカードローンを利用することは後ろめたさがありましたが、両親にばれることもなく借りられました。
それに彼女との交際も順調ですし、利用して良かったです。

金利と借入期間をチェック !

数枚のカードまず、業者を選ぶポイントとしては銀行系、信販系、消費者金融系の内どの種類の会社に分類されるのかを確認することは大きなポイントです。
法律で規制されているとはいえ現在主流となっている残高スライドリボルビング方式は、特にカードローン商品では返済方式の数が多く複雑になっています。
そのためメリットがわかりにくくグレーゾーンすれすれの営業を行っている中小の街金も中には存在します。

個人的には特に初めてカードローンを利用されたい方は、銀行の資本が入っている銀行系消費者金融が安心・安全でおすすめできます。
ただ、ネット銀行系のカードローンは申込み方法がインターネットでしか受付しません。
仮審査から審査終了/契約手続きを進めていくプロセスの中で、ご自身で正確に契約内容を把握していないと誤認となりトラブルに発展しかねないので注意が必要です。
誤ってご自身の意思やご意向に沿わない契約を締結させられるリスクもあるという意味です。

また、会社によっては一般消費者に誤解を与えるような表示をしているサービスあるいはキャンペーンもあります。
必ず担当者(オペレーター)にメリット・デメリット・不明な点はしっかり確認してから契約交渉に臨むよう心がけて賢く利用すればお得になる場合も多々あり便利です。

カードローンとキャッシングで迷ったら

通帳を見て困っている男性私の経験も交えた見解ですが、カードローンとキャッシング業者どちらにするかというよりも本人の状況に適しているのは、どっちかの方が探し易いと思います。
利息という面で言えば、やはり銀行系カードローンの方が安いです。
限度額も実績によって高くなり、そのメリットは多いと言えます。

銀行系カードローンに申し込んで、審査に落ちてしまったけど必要な出費があるから、どこかで借りなければならない。
こんな場合に選択の候補にあがるのが、キャッシング業者で中でも消費者金融です。
ひと昔前は消費者金融と言えばどんどん貸して枠を増やすというイメージがありましたが、現在は会社ごとの基準で審査していますので、どんどん貸すなどはありません。

審査についても、カードローンにしてもキャッシング業者にしても必ず情報機関に照会をします。
そこで、借り入れ状況や滞納履歴、滞納中や債務整理や自己破産などの情報を得て、その情報を元に会社が審査基準によって結果を出します。
情報機関は2種類あり、カードローンなどの銀行系は情報機関2箇所とも照会します。
キャッシング業者などの消費者金融は1箇所です。

選び方としては自分の状況に合わせて、選ぶ事が一番の良い方法だと思います。
滞納が過去にあったからと言って、審査に絶対落ちるという訳ではありません。
これは、カードローンとキャッシング業者ともに同じですが、どちらも延滞中はまず難しいと思います。

キャッシングのおかげで好きな女性と付き合えた

可愛いアクセサリー私はスポーツ用品の営業の仕事をしていて、職場には女性社員も多いので仕事やプライーベートなどいろいろな交流がありました。
それでいつも一緒に仕事をしている同僚の女性社員を異性として意識するようになってしまいました。
女性の誕生日が近づいてきたのでプレゼントを渡してアピールしてみようと考えました。
少し見栄を張ってもいいかなと思って、少し値段が高めのアクセサリーを購入する事にしました。

しかし金銭的に少し苦しかったのでキャッシングを利用。
条件として低金利で申し込みにあまり手間をかけたくないというのがありました。
そのため金利が低く設定されている銀行のカードローンの中から、インターネットだけで申し込み手続きが出来る楽天銀行スーパーローンに申し込む事に決めました。
私は楽天銀行の口座も持っていたので上手に利用出来そうかなとも思いました。

まず楽天銀行のホームページから個人情報や勤務先情報など必要項目を入力してカードローンの申し込みをしました。
それで審査をしてもらう事になり、結果が出るまで2日かかってしまいました。
電話で審査が通過したという連絡が来て、契約内容の説明を受けました。
その後に本人確認書類である運転免許証をスマートフォンの公式アプリで撮影して提出。
本人確認書類が提出出来たら契約完了になって指定していた楽天銀行の口座に15万円振り込んでもらえました。

金利は最高金利が適用されましたが14.5%でしたので消費者金融に比べると低い設定でした。
また返済は口座の自動引き落としで月々1万円ずつ返済していく形になりました。
楽天銀行スーパーローンで15万円を借りる事が出来たので少し値段が高めのアクセサリーを購入して、異性として意識するようになった同僚の女性にプレゼントする事にしました。

その女性はフリーの状態でしたので、当然告白するチャンスでもあり、思い切って食事に誘ってみました。
それでOKをもらって洋食のレストランで食事をして女性の誕生日を祝いました。
食事をした後に女性に奮発して購入したアクセサリーを誕生日プレゼントとして渡し、思い切って告白をしました。
女性も私の事を前から気に入っててくれてOKをもらえて付き合う事が出来ました。
楽天銀行スーパーローンで15万円を借りる事が出来た事が、女性と付き合えるきっかけにもなりました。
そのためキャッシングして本当に良かったと思いました。

ATMと使用するカードの見た目について

ATMの数字キーキャッシングしやすいATMは、やはりいろいろな金融会社が使用できるATMだと思います。
いろいろな金融会社が使用できるとは、例えばセブン銀行や郵便局などのキャッシングとは関係ない金融機関の出入金でも利用できることです。
利用しても、キャッシングしているように見えないATMだと安心できます。
ATMを使用している姿は友人や近隣住民などに見られている事が多く、お金に関する事なので人は興味を潜在的に持ちたれやすいので、どこどこのATMにいましたね、などと言われる事はよくある話です。

セブンイレブンのATMは買い物ついでに使用しても不思議ではないけど、例えばアコムのATMから出てきたらやはり気を使います。
明らかに消費者金融で、姿を見た人がお金に関する想像する事を避ける事ができないからです。
ですから、ATMはなるべく自社ではなくいろいろな金融会社が使用できるATMで使用とする事を促進することが、キャッシングしやすい事につながると感じます。

ATMで使用するカードについてですが、最近のカードはいろいろな柄や色など多彩にあり、カード会社の選別にもなっていると思います。
ただ、日本ではお金を借りる事があまり印象を良くしない事が多いので、キャッシングやカードローンのカードはなるべく地味で見た目、普通のカードと区別がつかないようなカードがいいと思います。
学校の行事などでファミレスで会合した時とかに割り勘で払う場面などでお財布を出す機会があると思うのですが、カード入れにそれと分かるようなカードがある場合、この人って大丈夫かなと頭によぎる事があります。
そのような場面でもわかりにくいカードや出金用カードと併用のカードローンカードなどが使用しやすいし選びやすいカードになるのではと思います。

借りすぎ防止にはシュミレーション

計算機とペンカードローンやキャッシングを利用する際に気を付けておかなければならないことは、よく言われていますが「計画的に」利用することです。
100万円等の高額でも10万円でも20万円でも、借りたお金は必ず返すことを念頭において借ります。
多重債務者や返済が延滞する人はこういった計画性が全くなく、その場しのぎを繰り返しています。
自分が今いくら借りていくらいつまでに返済すればいいのかが分からなくなってしまうのです。

こういったことにならないために、少額借りるのであっても必ず返済のシミュレーションすることをおすすめします。
最近ではカードローンやキャッシングの会社のホームページにも、返済シミュレーションシステムがあるのでそれを利用しても良いと思います。

仮に100万円借りるとして、まずカードローンやキャッシングの利用する際には審査があります。
審査基準は明確ではありませんが「この人に貸してもきちんと返してくれるのか」ということが最重要視されているのは間違いありません。
収入が第一と思いがちですがお金を貸す方はまず人を見ます。
過去に他のトラブルがなかったか?信用できる人かというのを見ます。

そうして次にいくら貸せるかの審査です。
年収の1/3まで借りることができるという総量規制という法律がありますので、借りる際にはひとつの目安にしたらいいと思います。

カードローンやキャッシング業者を選ぶときは。

キャッシングのカードまずは銀行系のカードローンをお勧めします。
年収がそれなりにあれば多く借りることもできるし、付き合いのある銀行だと審査も通りやすいです。
現状300万までなら収入証明書なしでOKのところも多いですし、借りる用途によって審査の内容が変わるかはわかりませんが、用途も多く選べるので自分で使いたいと思う内容が選べます。

また、実際借りる時は限度額や借りた金額によって返済金利が変わるので注意しないといけません。
ローン会社によって金利もさまざまなのでよく見た方が良いです。
それと毎月の返済金額も忘れずに確認が必要です。
借りたはいいけど月々の返済が多すぎるとかえってキツくなります。

審査においては例えば他に何かカードローンをしていて返済が遅れたことがあったりそれが1度ならまだしも2度3度とあると審査が通りません。
これだと消費者金融系カードローンも審査は通らないと思います。
まずは銀行系のカードローンを通してから次に消費者金融系のローン会社にした方が良いと思います。

あと注意点はカードをたくさん作りすぎると今まで使えてたカードが使えなくなってしまうこともあるので注意です。
経験上銀行系よりも消費者金融系のカードが先に使えなくなると思います。
何にしても毎月ちゃんと返せる額をまずは知ってからどこのカード会社にするか決めた方が良いですね。

最後に、基本カードローン&キャッシングはどうしても必要な時に使うべきだと思います。
常に計画的に使うことをお勧めします。