キャッシングという選択肢を持つことの重要性

手術室のドアのイラスト人生には突発的な支出が避けられません。
いくら計画的に収入をやりくりしていても、なんともならないときもあります。

たとえば入院、まったく予期してなかった病気により手術…。
自分にそんなことが起きるとは思ってもいない人がほとんどでしょう。

特に独身時代や子どもにお金がかかるなど、十分な貯金もない時に突然そんなことになってしまったら、どうしようもありません。それでもあっという間に退院して、多少の費用で済めばよいですが、回復が悪く入院期間が長期化する場合もあります。
入院してから支払金額が自分の予定していた額を大幅に上回ってしまったら、ピンチ到来です。

昔々だったら、親戚中駆け回ったり、友人などを訪ね歩いたりしてお金を工面することも可能でしょうが、現代はそんなことは不可能です。
親戚だって自分たちの生活でいっぱいだし、友人だって金なんか貸してくれるわけがありません。

そんなときの頼みの綱は、やはりキャッシングです。
人間関係が希薄になった現代の「親戚」代わりがキャッシングカードとさえ、言えると思います。

手術・入院という非常事態に直面して「本当にありがたかった。」と初めて実感したという声は、とてもよく聞きます。
入院保険・手術保険に加入してたとしても、保険金の申請から入金までには2~3ヶ月くらいの時間がかかるものです。
どうしても一時的には、どこかからお金を工面する必要はどうしてもでてくるのです。

最近のキャッシングは返済プランも色々ありますし、短期の借り入れであれば利息もそれほどかからない場合が多いです。
保険に入っている場合は、保険金が入るまでの返済は1万円程度の金額に抑えて、入金後に残金を一括返済すれば負担もほとんどありません。

「いざというとき」とテレビコマーシャルなどでは宣伝しています。
でもほとんどの人が、「そんなことがあるわけない、そんなのは計画性がない奴だけが借りるんだ」と自分には人ごとのように感じて、そんなテレビコマーシャルをいつも聞き流していると思います。
ところが自分自身に、予想していなかった出費に見舞われる出来事が起こって初めて、キャッシングの有り難さが身にしみるのです。

もちろん、キャッシングなどのお世話にならずに、一生過ごしていけるのが一番です。
借金などしないように計画的に収入をやりくりすることは、もちろん必要なことです。

ですが「いざというときの保険」として、出番はなくともキャッシングカードを財布の一番奥にスタンバイしておくことは、とても重要なことだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)