海外でPLUS機能代わりに使えるキャッシング

外貨紙幣の写真仕事内容にもよるとは思いますが、最近は頻繁に海外出張に行く方も増えていますね。
出張につぐ出張で現金はほとんど持ち合わせがない状態で、次の国へ飛ぶなんてこともあると思います。

キャッシュカードでのお金の引き出しも以前に比べれば簡単になっていて、特に「PLUS」機能がついた便利なキャッシュカードもあります。PLUS機能とは、世界中のATMでこのマークがついていれば、自分の銀行にある日本円口座から現地通貨で下ろすことができるという機能のことです。

とても便利な機能ですが、どのATMでも全てこのPLUS機能に対応しているとは限りません。
特に深夜便で渡航した場合などは、空港のATMは使えないこともありますし、出張で向かう先が都市部から離れていれば、PLUS機能は利用できない可能性が高まります。

現金が底をついた状態で、PLUS機能のついたATMがあるだろうと思って悠長に考えていると、やっと見つけたATMでは使えなかったり、PLUS機能対応であってもエラーになることもあります。
「sorry、this card is not available now.」すみません、このカードは今、使えませんという意味ですが、理由は不明で困ります。

PLUS機能は問題なく利用できる場合は便利ですし、これは自分の銀行口座からの出金のため安心できるので、こだわる人も結構います。
でも最近ではもっと便利に使えるキャッシングを利用する人が増えているのも事実です。

「キャッシングは借金。ましてや海外でなんて利子が怖い」と考えがちですが、実はPLUS機能も結局は為替手数料と称していくばくかの利子というか手数料とられているので、キャッシングとほとんど変わらないのです。

キャッシングならクレジットカードがあれば、対応のATMが多いので簡単に引き出せるます。
海外で現金の持ち合わせがなくなったときは、気持ちも余裕がなくなりますので、使えるかどうかわからないというのは、結構負担になります。

よほどの高額の借り入れでなければ、翌月の一括返済ができると思うので、利子も数百円程度で済みます。
クレジットカードで買い物するのと同じで、翌月に請求が来て清算されるだけなので安心して利用できるものなのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)