ATMと使用するカードの見た目について

ATMの数字キーキャッシングしやすいATMは、やはりいろいろな金融会社が使用できるATMだと思います。
いろいろな金融会社が使用できるとは、例えばセブン銀行や郵便局などのキャッシングとは関係ない金融機関の出入金でも利用できることです。
利用しても、キャッシングしているように見えないATMだと安心できます。
ATMを使用している姿は友人や近隣住民などに見られている事が多く、お金に関する事なので人は興味を潜在的に持ちたれやすいので、どこどこのATMにいましたね、などと言われる事はよくある話です。

セブンイレブンのATMは買い物ついでに使用しても不思議ではないけど、例えばアコムのATMから出てきたらやはり気を使います。
明らかに消費者金融で、姿を見た人がお金に関する想像する事を避ける事ができないからです。
ですから、ATMはなるべく自社ではなくいろいろな金融会社が使用できるATMで使用とする事を促進することが、キャッシングしやすい事につながると感じます。

ATMで使用するカードについてですが、最近のカードはいろいろな柄や色など多彩にあり、カード会社の選別にもなっていると思います。
ただ、日本ではお金を借りる事があまり印象を良くしない事が多いので、キャッシングやカードローンのカードはなるべく地味で見た目、普通のカードと区別がつかないようなカードがいいと思います。
学校の行事などでファミレスで会合した時とかに割り勘で払う場面などでお財布を出す機会があると思うのですが、カード入れにそれと分かるようなカードがある場合、この人って大丈夫かなと頭によぎる事があります。
そのような場面でもわかりにくいカードや出金用カードと併用のカードローンカードなどが使用しやすいし選びやすいカードになるのではと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)