最低返済可能額はもったいない!

ローンと印字された通帳カードローンで2社合計120万円を借りました。
きっかけはバイナリーオプションの口座開設でした。
その時に紹介された人に「とりあえずお金ないならカードローンしちゃいなよ」と言われたので勢いに任せてやりました。
審査が面倒くさいけど、非正規社員やフリーターでも勤続年数や収入で100万円は簡単に借りられることに驚きました。

そして、僅かな金額から返済が可能だということも意外でした。
例えばA社なら50万円借りたら1万円から返済が可能で、70万円借りたB社なら2万円から返済可能。
月3万円からならそこまで無理しなくて払えることにビックリしました。
それでも月の利息があるので3万円払ったといって残高からは3万円少なくなるということはなくて、実質減ったとしても2万円いくかいかないか程度。
最低返済可能額から支払ったら利息ばかり取られるということに気づいてたから返済額を上げました。

返済額を上げればそれだけ利息が減り支払える金額が多くなります。
それが例えば月1万円払ったとしても利息が2000円取られます。
さらに3000円足して利息分を消しつつ、さらに1000円を返済額に増やせば12ヶ月連続で同じことをすれば実質1ヶ月分返済を多くししていることなります。
その他はボーナス時や大きい収入があったときに躊躇わずに払えるといいです。
それも利息の高い所からがおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)