カードローンやキャッシング業者を選ぶときは。

キャッシングのカードまずは銀行系のカードローンをお勧めします。
年収がそれなりにあれば多く借りることもできるし、付き合いのある銀行だと審査も通りやすいです。
現状300万までなら収入証明書なしでOKのところも多いですし、借りる用途によって審査の内容が変わるかはわかりませんが、用途も多く選べるので自分で使いたいと思う内容が選べます。

また、実際借りる時は限度額や借りた金額によって返済金利が変わるので注意しないといけません。
ローン会社によって金利もさまざまなのでよく見た方が良いです。
それと毎月の返済金額も忘れずに確認が必要です。
借りたはいいけど月々の返済が多すぎるとかえってキツくなります。

審査においては例えば他に何かカードローンをしていて返済が遅れたことがあったりそれが1度ならまだしも2度3度とあると審査が通りません。
これだと消費者金融系カードローンも審査は通らないと思います。
まずは銀行系のカードローンを通してから次に消費者金融系のローン会社にした方が良いと思います。

あと注意点はカードをたくさん作りすぎると今まで使えてたカードが使えなくなってしまうこともあるので注意です。
経験上銀行系よりも消費者金融系のカードが先に使えなくなると思います。
何にしても毎月ちゃんと返せる額をまずは知ってからどこのカード会社にするか決めた方が良いですね。

最後に、基本カードローン&キャッシングはどうしても必要な時に使うべきだと思います。
常に計画的に使うことをお勧めします。

友人の出産祝い5万円を借りました!

テレオペの女性20代で結婚して間もない頃、挙式費用や新婚旅行代金など全て親と折半して自分たちで出してた事もあり、銀行ローンで地道に返済中の身でした。
そんな時に私の親友が初めての子供を出産したとの報が入り、お祝い金を何とか月々の給与から捻出したかったのですが、残念ながら無理そうだったので、泣く泣く消費者金融からキャッシングを決心したのです。
とにかく直ぐに親友への祝い金5万円だけを借りたかったので、金利が安い業者を探してたところ、ネットの口コミで対応が一番良いと評判のプロミスにダメ元で申し込みをしました。

今回初めて女性キャッシングの電話窓口から恐る恐る審査申請をしたのですが、電話先のオペレーターさんは大手銀行とは何一つ変わらない物腰の柔らかい対応をしてくれたお陰で、私も最後までリラックスしてやり取りができ、今まで持ってた怖い貸金業者のイメージが一変したのは間違いありません。
気になる審査内容に関しては、今の職業と勤続年数、他社への借入状況だけを聞かれました。
夫婦共々約30万円の債務を抱えてましたが、契約希望額を約10万円と少なく設定してみたら、共働きで滞納履歴がなかったのも評価されたのか、約1時間を経て無事審査にパスする事ができたのです。

幸いな事にプロミスの提携会社である三井住友銀行の口座をメインバンクにしてたので、本人確認書類の提出が全て終わった30分以内には5万円の口座着金通知が早くもあり、翌日には友人に無事に祝儀を渡す事ができ本当に助かりました。
返済に関しては、プロミスの場合は初月だけ無金利特典が付くので翌月に耳を揃えて気持ち良く完済したかったのですが、一括返済は少し厳しかったので、オペレーターの方と相談して月々1万円ずつ無理なく返すプランを選択しました。
ただ少し給与が多かった月やボーナスが入った時は、繰り上げ返済も申し込んだりして、結局3か月で完済に至りました。

ちなみにプロミスを利用してもう1つ良かったのは、土日にショッピングを楽しんでる日でも資金が急に足りなくなった際は手持ちの口座に即日融資して貰える事で、今まで何度もピンチを救われました。
それにキャッシングの利用明細もプロミスなら全て自分のパソコンで管理できるので、家に急に親や兄弟が来てもキャッシング利用してると怪しまれないですし、主人に無駄遣いしたと怒られる事もないので、とても有難い事尽くしです。
正直女性1人で消費者金融と契約を交わすのは不安で一杯でしたが、返済額を自分の収入に合わせて意外に少なく設定できるし、返済方法も手間が掛からないので、もっと早くから利用しておくべきだったというのが今の本音です。

すぐ返せるはずが、どんどん膨らむ借金

飲み会の様子現在3社から借金をしておりますが、初めて利用した金融機関はレイクでした。
CMなどで有名な会社だったので、安心感を感じ利用しました。
ですがこれが大きな間違いでした。

18歳から東京に出てきて親からの仕送りもなかった私は、夜間の専門学校に通いながらスーパーでアルバイトをして生計を立てていましたが、田舎からいきなり東京に出てきた私には東京は楽しすぎました。
24時間どこでも遊び場がある大都会はいくらお金があっても足りず、周りは仕送りがあったり夜間の学校なので大人も多く、仲良くなればなるほどお金のかかる遊びが増えていきました。

詳細には覚えていませんが、20歳になってすぐに金融機関のレビューをケータイで探していたと思います。
何日かネットサーフィンを繰り返し、結局安心感のあるレイクで借金。
若かったので上限額は20万でしたが、その時の私には十分でした。

最初は生活費のみに使用しましたが、次第に欲しい服、友達と遊ぶお金、飲み代とエスカレート・・
20万の上限はすぐにいっぱいになりました。
これではダメだと思い、その時は19歳の時に働いていた夜の仕事に戻り、1度は必死に働いて完済しました。
が、25歳の時に急に引越しをしなければいけなくなり、でもお金もなく。
そんな時に思い出したのがレイクでした。
完済したので安心し、もう利用してなるものかと思いながらも会員を退会せずにカードも財布に入ったままでした。

その時は仕方なくのつもりで利用し、またすぐに返せると思っていました。
ですが引越しが終わった後もお金は足りなくなり、20万の上限がいっぱいになっていたため他社でも借り始め、おまけにクレジットカードも作り高い買い物にそこでもキャッシング・・
自在にお金が出てくる魔法のカードに私の感覚は麻痺してしまい3社から借金。
結局借金の金額は100万円にまで達し、毎月何万と来る返済額を払うことが出来なくなってしまいました。

現在は一緒に暮らす彼氏ができ、将来の為にまずは借金を返すことを第一に動いていますが、28歳という年齢と彼氏の反対から夜の仕事は出来ず、事務の仕事をしています。
事務のお仕事のお給料は低く、毎月返済が遅れてしまいます。
彼は将来自分でお店を持ちたいと夢がある人で、毎月返済が遅れ、恐らくブラックになってしまった私のことを懸念しています。

あの時飲み代なんかでお金を使わなければ、あんな服買わなければ、高い美容院なんか行かなければ、あんな家賃の高い家に住まなければ、借金なんかしなければ。

毎日金融機関から届く手紙、会社に新生銀行と堂々と名乗ってかけてくる電話、親から来る借金から電話きたよという報告。

四方八方囲まれて鬱になってしまった時期もあり、自己破産なども考えましたが、今は前向きに働いています。
ですが後悔は完済しようとも消えることは無いと思います。
借金は自分の弱い心を増長させる力を持っているので注意が必要です。

債務整理をしてよかったと感じています

借金で苦しむ男性のイメージ債務整理を検討し始めた当時、失業中であったことから、おそらく自己破産になるだろうと思われました。
免責になれば借金はなくなりますし、自分名義の財産もありませんでしたから、返済を続けるよりは良いとも思ったんですが、実際のところ、弁護士さんに依頼するかどうかまでで2か月以上も悩みました。
自分の場合は大きなデメリットはないだろうと思っても、やはり「自己破産」となると決断には時間が必要でした。

その後に、小さい弁護士事務所の無料相談に行ったのですが、偶然その直前に新しい職が決まったんです。
そういったことも含めて弁護士さんにお話をしたところ、収入額や借入額などを計算したうえで、任意整理を提案してくれました。
そして任意整理を行い、現在も返済を続けています。

月々の返済額は半分ほどになりました。
自己破産ではないため、借金自体がなくなったわけではありません。
ただ利息もありませんし、月々の負担が減ったので、これでよかったと思っています。

任意整理の場合、すべての借金を整理する必要もなかったことから、銀行のカードローン1社は、現在もそのままの状態です。
なぜなら、そのとき決まった仕事が、なぜか「給与の振り込みは指定銀行のみ」で、運悪く借入していた先の銀行が、指定銀行だったのです。これに関しては、いずれ転職をして、その銀行を使う必要性がなくなったら、改めて弁護士さんに依頼をして、整理しようかとも考えています。

私の場合に限ってかもしれませんが、
債務整理をしてよかったと感じています。

キャッシング業者はやっぱり選ぼう。

$の袋を持つ手キャッシング業者を選ぶポイントは、金利です。
当たり前ですが、キャッシングして返済するときにこの金利の差で返済額が大きく変わってきます。
キャッシング業者と言っても様々なものがあり、消費者金融系と銀行系があります。
一般的には銀行系の方が若干金利は低めです。
キャンペーンなどで限定的に金利が低くなる場合などもあるため、よく調べる必要があります。

それから、もう一つ大きなポイントはスピードです。
キャッシングに頼りたいようなときは、急な出費で時間の余裕がないことがほとんど。
いざキャッシングしようとしても手続きに時間がかかってしまうようでは役に立ちません。
また、来店したり所得証明が必要な場合もありますのでそういうところでは必要な書類を準備しておかないといけない手間がかかります。

今の時代は審査から借入まで来店不要、一定額までなら所得証明不要でネットだけで手続き出来るので、大変便利です。
実際に私は、プロミスで5万円を借りようと思い申込みました。
その後、携帯に確認の電話があり内容に間違えないことを伝えると、そのままその電話で在籍確認をしてくれてそのまま融資を受けることが出来ました。

申込みから借入までだいたい3時間くらいだったと思います。
また、月々の返済額は2,000円なので余裕を持って返済することが出来ています。
返済もネットから返済出来たり、コンビニの提携ATMで土日でも利用できるので非常に満足です。
でのキャッシングは必要な金額だけにしましょう。

無利息期間に返済すれば、給料前借と同じ。

給与袋私が大学生の頃、自分に掛かるあらゆる費用は自己負担であり、それらは全てバイト代でなんとかしていたのですが、それがなんともできなくなった時にキャッシングを利用しました。
定期代、携帯代、食費、組んでいるローンの支払い、月に入った給料からそれらの支払額を計算してその月のやりくりをしていたのですが、どうしても足らなくなったのです。
バイトを増やしてもすぐに収入が増える訳ではありませんから、私はバイト代の前借気分でキャッシングを利用しました。

最近のキャッシング会社の多くは30日間利息の掛からないキャンペーンを実施しているところが多いです。
いくらか借りたとしてもその分を30日以内に返せば利息が掛からないので、実質給料の前借と同じになります。
定期が無ければ大学に行けず、携帯やローンを滞納すれば自分の経歴に支障が出て、食費を切らせば生きていくことが困難になります。
そこで私は審査が通りやすいときいた、プロミスに申し込みをしました。

そして、借入限度額が一番低い10万円までの融資を受けることができました。
正直あの時は何もしなければ本当に食べる物も無くなり、生きていけないとすら思っていたので心底助かりました。
限度額は10万円でしたが私には10万円も必要なく、その半分さえあれば十分でした。

しかし、どうせ利息が掛からないならと私は満額まで借りてしまい、そしてその次の給料で全部返せずに、結局給料の実質前借にはなりませんでした。
それでもその後すぐに返済できましたし、私はあの時お金があってすごく助かったので良しとします。

誰にも知られずにカードローンしたい人

不安そうにATMを訪れる男性キャッシングをしたり、カードローンを作るのを誰にも知られたくない、そういう方たちが少なからずいると思います。
無人契約機へ行って画面の案内に従って進めていけば、その場所でカードを作ることもできます。
そこでカードを手に入れることができますので、あとで家族の人がいる家へ郵送される心配はありません。
またカード以外にも契約書や規約書なども、その場所で全て手に入れることができ、それらの書類も郵送されませんので、誰かに知られることはありません。

そして、無人契約機ですので、誰かお店の人と面と向かって話す必要もなく、お店の人に顔を覚えられるといった心配もしなくて良いのです。
ただ、やはりお店の人と会話が全くなしというわけにはいけませんので、画面近くにある電話機で多少のやりとりは必要ではあります。

その会話中ですが、他の人に聞かれたり他の人がお店に入ってくる可能性があるのではと心配になりますね。
業者によりますが、完全個室でできる場所もあります。
鍵をかけることもできますので、だいぶ安心できるかと思います。
しかし、完全防音ではないので、ほんとに他人に声をきかれたくない方は、誰か入ってきてしまった場合は、いなくなるのを待つしかないかと思います。

問題があるとすれば、自分の保管場所が悪く、家族や誰かに知られてしまう場合、もしくは期限内に返済を行わない場合は、家の電話にかかってきて家の人がとってしまったり、郵送物が届いてしまう場合があるそうなので、その部分に関しましては自己責任ということになります。
誰かに知られたくないけど、カードローンを作りたい、そういう人たちに適した業者は結構ありますので、調べてみるといいと思います。

キャッシングをして夜も眠れなくなりました

青ざめる女性私は親戚の結婚でのご祝儀代や準備品のお金を工面できず、キャッシングをしました。

キャッシングは無人契約機に行き契約、1時間くらいは契約機の中にいたと思います。
機械を操作したり、電話越しにオペレーターの方と話をしながら契約を進めていきました。

その頃の私は自分では働いていなかったので、主人の会社を書くことで無事に契約ができ、お金を借りることができました。

その後、親戚の結婚式にも無事に参加することができました。

ですが、家計を管理しているのに貯金が出来てなかったことを主人に言えなかったので、キャッシングした事も言えずにいました。
主人はよく怒る人なので余計に言えず…黙っててばれた時の方が余計にダメなことは分かってたんですが、バレないようになんとかやっていこう、と思って隠していました。

主人のお給料だけで月々返済していくのは大変でした。
食費を削って浮かせていくしかない、と考え必死で食費を削っていました。
それでもきっちり返せなくて遅れてしまう時もありました。
遅れると督促のハガキや電話がきます。

主人は帰りも遅いし、家の電話にも出ることはなかったので、キャッシングの事がバレることはありませんでした。
でもやはり主人の会社の名前を出して借りているし、何かの拍子で電話や郵便物を見られてしまったら…と言う恐怖と、返済のお金が用意できない悩みが常にあり、夜寝る前になると急にその不安が大きくなり眠れない日々が続きました。
寝ても嫌な夢を見てすぐに目が覚めたりして、ぐっすりと眠れる日はありませんでした。

それからは、私も働きに出るようになり、なんとか返せるようになって完済ができました。
完済するまでは本当に気が気じゃなく、働きに出て疲れてるはずなのに、それでも眠れない夜が続きました。

今は二度と借りたくないと思っているので、完済が確認できたときにカードや申込書などすべての物を処分しました。
今回は主人にバレないまま事が済んで本当に安心しました。
自分の気持ちを入れ替えてしっかり貯金をしていきたいな、と思っています。

大学生でキャッシング三社から40万円の借金

悩む男性初めてキャッシングを利用したのは大学一年生の頃で、未成年でも大学生なら7万円まで融資できるというキャッシング業者があったので利用しました。
着実に返し続けた後、私が二十歳になったときに借入金額を増やせるようになったとのことで一度きてほしいと言われ事務所へ行ったら30万円まで借入金額を増やせると言われました。
しかし、当時年収が100万円にも満たない給料だったので少し下げて20万円にしてもらいました。

その場では借りませんでしたが、大学生ということもあり遊んでばかりだった私は20万円ぎりぎりまで借りることになってしまいます。
借入金額が増えるともちろん一回の最低返済金額も増え、私の生活は少しずつ苦しくなっていきました。
そんなとき私は、他のキャッシング業者から融資を受けて今の負担を軽減しようと考えました。

今思えばとても浅はかな考えでした。
ですがとにかく手元にお金のほしかった私は、大手キャッシングであるプロミスに申し込み、10万円の融資をしてもらいました。
給料とは別に10万円が手に入った私は、浮かれてそこからパチンコやパチスロにはまってしまいました。
しかし所詮はギャンブル、お金が増えるのは一時の話です。

キャッシング二社から計30万円借りている私はいくらか返したらまた借りるの繰り返しで、利息ばかりが膨らんでしまいついにはプロミスからの借入が止められてしまいます。
プロミスから借入を止められた時は、アルバイトも掛け持ちをしていて毎月それなりの給料を得ていたのですが何せ二社からキャッシングをしているので元本を減らすためにも多目に返さなくてはなりません。

そこで私は、もう一社から借りることができないか考えました。
その一社から多く借りてそのお金で既に借りている二社の分を完済すればいくらか生活が楽になるのかと思ったのです。
今でこそ、そんなことしてもただ借金が増えるだけなのはわかりますが当時の私はのし掛かる借金に精神状態を乱され冷静な判断ができずにいました。

そして私は大手キャッシングのアイフルに申し込み、多く借りることはできませんでしたが10万円の融資を受けることになります。
その10万円を使って私はそれまで借りていた分を返していくのですが、借金で借金を返してもただ利息が膨らむばかりです。結局三社ともぎりぎりまで借りることになってしまい、利息を含めて50万円近い借金を負うことになりました。

親にバレず、ちょっとお金を借りたい、ちょっと贅沢をしたい。
そんな邪な考えから借りた最初の7万円がこんなにも膨れ上がってしまい、私は悩んだ挙げ句両親に相談することにしました。

相談の末、両親の立てた計画通りに毎月返し続けるその代わりに私の月に使える自由なお金はほとんど残りませんでした。
少しの贅沢の代償が何ヵ月、何年もの金銭的不自由なのだとわかっていたら、私はキャッシングを利用しなかったでしょう。

誤解を招かないように補足しますと、私の場合は計画を一切持たずにキャッシングを利用したのでこのような結果になりましたが、計画的に借入し返済するのであればキャッシングは便利なものです。
もし利用するのなら計画的に使いましょう。

6社のカードローンを返済していく辛さ

電卓急な出費が続き、また一定のまとまったお金が必要になりカードローンを利用することにしました。
収入が少ないため200万円程度のカードローンは組むことができず。

仕方がないので200万円分借りるため6社でカードローンを少額で組むことにしました。
10万円、20万円、30万円×2、50×2と計190万円の借り入れに。
カードローンのいいところは月々の返済額が一定なので返済金額が毎月一定であることでした。
なので月々の返済額は75000円程度で支払うことができないほどのお金ではないと思っていました。

最初の2ヶ月、3ヶ月は全然気にしなかったのだが、毎月75000円の出費は結構大きく生活費も合わせると大変でした。
家賃や光熱費だけでなくガソリン代もかかるし食費だって工夫しないとあっという間に飛んでいきます。
月々の給与が手取りで16万円から18万円程度だったので、家賃、光熱費を払うと手元にほとんど残らない状態でした。

友人から飲みの誘い、付き合いで遊びに行ったり仕事のうさ晴らしのためにパチンコなどのギャンブルだってやりたい。
趣味のスポーツだってやりたいのにそれにかけるお金が手元に残らないのは苦痛で苦痛で仕方がありませんでした。
最初は我慢しましたが半年、9ヶ月とその禁欲生活が続くと肉体的にも精神的にも堪えられない状態になってきます。

そして返済額を確認して残りの残高はどれくらいなんだろう?と思ってみてみると、月々結構支払いをしているのに残高は減っていませんでした。
リボルビング払いという返済方式は最初の返済は利息分に充てられ、元金にはあまり回らない仕組みのようです。
月々の返済額は一定ではあっても元金が減らないのは非常にストレスでした。

生活もギリギリになるので急な出費のときはまたカードローンでお金を借りて、返済日がきたら返して…と借りて返してを繰り返していたので元金は本当に減っていきません。