カードローンの達人の話

カードローンの達人カードローンというと、やはり世間的にはマイナスなイメージがつきものなのではないかと思います。大の大人が生活費や遊行費を借りるなんて…と多くの人はあまり良くは捉えないと思います。

そもそもお金を借りる=借金というイメージがあるので、そう易々と借金なんてするもんじゃない!と物心ついたときから道徳的にそう思っている人が多いのではないでしょうか。

実際、僕もある話を聞くまでは、あまり良くないイメージを持っていました。しかし、僕の友人にカードローンを上手に活用している人がいて、その意見は変わりました。

彼は、以前から計画していた友人との旅行に行くつもりだったのですが、自動車事故を起こしてしまったんです。幸いにも自損事故だった上に怪我もなかったのですが、車の修理代が必要になってしまいました。前のバンパーがべっこり凹んでしまったので、厳密には修理ではなく取替えが必要だったそうです。

旅行のためにかなり貯金をしていたので、その修理代は工面できたのですが、せっかく貯めた旅行に行くためのお金がほとんどなくなってしまったそうです。

そこで、考え付いたのがカードローンでした。
無理なく返せる程度の金額をちゃんと計算し、返済プランを考えた上で借りることにしたのです。おかげで、彼は無事友人たちとの旅行に行くことができたようです。

それ以来、どうしても必要になったときだけ必ず返済プランをたててから、お金を借りるようになっているとか。借金をしていると思うと気分が良くないので、未来の自分への投資をしていると考えるようにしているそうです。

彼が返済で困っていることもないようですし、うまく活用すればカードローンも良いものなのだと彼の話でわかることができました。

確かに客観的に考えてみると、親や友達からお金を借りるよりもカードローンでさっさと借りた方が気分的にはスッキリするかもしれませんね。誰かに頭を下げて貸してもらう必要がないので。

ただ返済するときには利息が掛かるので、そうしたこともきちんと理解したうえで返済プランが立てられるのであれば賢い使い方なのかもしれませんね。