絶対に延滞しないための4つのポイント

電卓や財布などお金を借りるケースになり、カードローン、キャッシング業者と契約。
返済が遅れたり、滞ってしまうケースはあるものです。
ここで、延滞、返済ができない事態にならないように知っておきたい事をまとめました。

① 借りる上限は年収の10%以下にする
法律上年収10%以上のカードローンは可能ですが、返済は2年~かかります。
思わぬ出費が重なることは多々あることです。
ご自身の年収10%以下を基準に、契約すると無理なく返済可能です。

② 契約前に実質金利がどのようになっているか調べる
カードローン、キャッシング業者からお金を借りた場合、かなりの金利がかかります。
業者毎で違いますので、充分に調べて他社と比較して金利の低い業者から借りることで返済の負担が軽くなります。

③ 特定口座に振り込み必要な場合
ご自身の口座から自動引き落としなら問題ないですが、振込が必要な契約をした場合によくありがちな、『振込忘れ』です。
毎日目を通すものに、返済期日を明記すると『振込忘れ』がなくなります。
具体的に、カレンダーやメモ帳、必ずこれは毎日目を通す物に記載しましょう。

④ 返済のために他社のキャッシング業者は使わない
最後に絶対に守るべきことです。
キャッシング返済の為に他社との契約は絶対にしないようにしましょう。
芋づる式で借金が増えるだけで、毎月の返済負担は大きくなるだけです。

これらのポイントが守れそうになければ、カードローンやキャッシングに手を出すべきではありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)