前日までには返済の準備をしよう

カレンダーと鉛筆カードローンやキャッシングをする場合、たとえば「毎月10日までに最低3000円」というように、返済日と最低返済額が設けられ、決まった金額を返済することとなります。
しかし借り入れをした場合、単に借入額を返済金額で割ったものが返済回数となるわけではありません。なぜなら金利が発生するからです。

早めに、かつ延滞せずに完済するためには「返済日と返済金額には余裕を持ち、なるべく多めに毎月返済する」のが重要です。

特に返済日は重要です。
もちろん当日までに返せば問題はありませんが、その日になって急用などが生じて、返済の手続きが出来ない、ということは誰にでも有り得ることです。
返すお金の準備をしていても、急用があったとしても、1日遅れてしまえば延滞です。
複数回続けば新たな借り入れが出来なくなる場合などもあります。
そうならないように、必ず返済日当日ではなく、前日までに返済の手続きを行うことをおすすめします。

また金額についても、最低返済額のみの返済を行っていると、完済までには長い期間がかかってしまいます。そのため、生活に余裕がある場合は、少しでも多めの金額を入金する習慣をつけることをおすすめします。

早めの入金と多めの返済、これが、延滞せずに完済する方法です。
事前に、この点について十分に考えてから借入を行いましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)