無利息期間に返済すれば、給料前借と同じ。

給与袋私が大学生の頃、自分に掛かるあらゆる費用は自己負担であり、それらは全てバイト代でなんとかしていたのですが、それがなんともできなくなった時にキャッシングを利用しました。
定期代、携帯代、食費、組んでいるローンの支払い、月に入った給料からそれらの支払額を計算してその月のやりくりをしていたのですが、どうしても足らなくなったのです。
バイトを増やしてもすぐに収入が増える訳ではありませんから、私はバイト代の前借気分でキャッシングを利用しました。

最近のキャッシング会社の多くは30日間利息の掛からないキャンペーンを実施しているところが多いです。
いくらか借りたとしてもその分を30日以内に返せば利息が掛からないので、実質給料の前借と同じになります。
定期が無ければ大学に行けず、携帯やローンを滞納すれば自分の経歴に支障が出て、食費を切らせば生きていくことが困難になります。
そこで私は審査が通りやすいときいた、プロミスに申し込みをしました。

そして、借入限度額が一番低い10万円までの融資を受けることができました。
正直あの時は何もしなければ本当に食べる物も無くなり、生きていけないとすら思っていたので心底助かりました。
限度額は10万円でしたが私には10万円も必要なく、その半分さえあれば十分でした。

しかし、どうせ利息が掛からないならと私は満額まで借りてしまい、そしてその次の給料で全部返せずに、結局給料の実質前借にはなりませんでした。
それでもその後すぐに返済できましたし、私はあの時お金があってすごく助かったので良しとします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です