債務整理をしてよかったと感じています

借金で苦しむ男性のイメージ債務整理を検討し始めた当時、失業中であったことから、おそらく自己破産になるだろうと思われました。
免責になれば借金はなくなりますし、自分名義の財産もありませんでしたから、返済を続けるよりは良いとも思ったんですが、実際のところ、弁護士さんに依頼するかどうかまでで2か月以上も悩みました。
自分の場合は大きなデメリットはないだろうと思っても、やはり「自己破産」となると決断には時間が必要でした。

その後に、小さい弁護士事務所の無料相談に行ったのですが、偶然その直前に新しい職が決まったんです。
そういったことも含めて弁護士さんにお話をしたところ、収入額や借入額などを計算したうえで、任意整理を提案してくれました。
そして任意整理を行い、現在も返済を続けています。

月々の返済額は半分ほどになりました。
自己破産ではないため、借金自体がなくなったわけではありません。
ただ利息もありませんし、月々の負担が減ったので、これでよかったと思っています。

任意整理の場合、すべての借金を整理する必要もなかったことから、銀行のカードローン1社は、現在もそのままの状態です。
なぜなら、そのとき決まった仕事が、なぜか「給与の振り込みは指定銀行のみ」で、運悪く借入していた先の銀行が、指定銀行だったのです。これに関しては、いずれ転職をして、その銀行を使う必要性がなくなったら、改めて弁護士さんに依頼をして、整理しようかとも考えています。

私の場合に限ってかもしれませんが、
債務整理をしてよかったと感じています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)